サトーグループの受賞歴

「あくなき創造」と「本業による社会貢献」という社是の下、サトーの経営姿勢や製品はさまざまな賞を受賞しています。ここでは、2011年以降の主なものを紹介致します。

2017年

「2017 CRMベストプラクティス賞」「大星賞」をダブル受賞

一般社団法人 CRM協議会が顧客中心主義経営の実現に向けて成果を上げている企業・組織・団体を表彰する「2017 CRMベストプラクティス賞」および特別賞「大星賞」を受賞致しました。

詳細はこちら

「マレーシア・デジタル・ビジネス・アワード」の特別賞を受賞

マレーシア・デジタル商工会議所(Malaysia Digital Chamber of Commerce)が年間を通じ、同国のデジタル分野のビジネスにおいて優れた足跡を残した企業を表彰する「マレーシア・デジタル・ビジネス・アワード」において、特別賞を受賞しました。

詳細はこちら

2017年度 自動認識システム大賞で2システムが入選

一般社団法人日本自動認識システム協会が主催する2017年度(第19回)自動認識システム大賞において、株式会社サトーがパートナー企業と共同申請した「白黒サーマルプリンタ発行ラベルの一括読み取り」および公共交通機関向け多言語翻訳サービス「AmiVoice® TransGuide」の2システムが入選致しました。

詳細はこちら

「健康経営銘柄」および「ホワイト500」にダブル選定されました

「健康経営銘柄」は、従業員の健康管理を経営的な視点で考え戦略的に実践する企業を、東京証券取引所の上場企業の中から1業種1社選定するもので、2015年から実施されています。
一方、2017年から始まる「健康経営優良法人(ホワイト500)」は、健康経営のすそ野拡大を目的に、上場企業に限らず保険者と連携して優良な取り組みを実践している大規模法人を2020年までに500社選定するものです。

2017_0221_4.jpg

サトーグループの「全員参画」によるさまざまな健康経営活動が評価され、ダブル選定につながりました。

※健康経営はNPO法人健康経営研究会の登録商標です。

詳細はこちら

全日シール連「シール・ラベルコンテスト」

同コンテストは全日本シール印刷協同組合連合会が主催するもので、印刷の技術力、応用力(デザイン性、シール・ラベルの機能性や用途)などが審査基準となり、それらの総合評価に基づいて受賞作品が決定されます。サトーは2016年度のコンテストで全日本シール印刷協同組合連合会会長賞をはじめ2つの賞を受賞し、19年連続の受賞を果たしました。

詳細はこちら

2016年

関東地方発明表彰 「発明奨励賞」を受賞

公益社団法人発明協会が主催する「平成28年度 関東地方発明表彰」において、サトーテクノロジー株式会社が開発したラベルプリンタ向け「ラベルロールのドロップイン装置」が、「発明奨励賞」を受賞しました。 同装置は誰でも簡単に、ラベルロールの交換を片手で可能にするという顧客価値を実現した技術です。

詳細はこちら

「2016 CRMベストプラクティス賞」を受賞

一般社団法人CRM協議会が、顧客中心主義経営に向けてCRMで成果を上げている企業・組織・団体を表彰する「2016 CRMベストプラクティス賞」にサトーホールディングス株式会社が選ばれました。IoT技術を用いてラベルプリンタの稼働状況を24時間365日リモートで見守る保守サービス「SOS (SATO Online Services)」が、「予知行動型CRMモデル」として評価されました。

詳細はこちら

「世界ラベルコンテスト・ベストオブザベスト賞」を受賞

世界9つのラベル団体で構成するグローバルアソシエーションズサミットが主催する「第27回世界ラベルコンテスト」において、サトープリンティング株式会社が「ベストオブザベスト賞」を受賞しました。同賞はオフセット、フレキソなど印刷方式5種ごとに最も優れた作品を選ぶもので、サトーはレタープレス部門で受賞。同部門の世界ナンバーワンに輝きました。

詳細はこちら

2016年度 「自動認識システム大賞」 大賞と優秀賞を受賞

一般社団法人日本自動認識システム協会が主催する2016年度(第18回)自動認識システム大賞において、サトーマテリアル株式会社が「スマイルタグで観光客を誘引、商店街を活性化」で沖縄ツーリスト株式会社様、株式会社ユービックシステム様と合同で大賞を受賞、また株式会社サトーが「画像認識による食品の期限ラベル貼り付け/フロチルラベラー」で優秀賞を受賞しました。

詳細はこちら

第6回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞 経済産業大臣賞を受賞

過去5年以上にわたって人員整理を行っていないこと、仕入先企業へのコストダウンを強制していないこと、障がい者雇用率が法定以上であること、黒字経営であること、重大な労働災害がないことなど厳しい応募基準を満たし、本業による社会貢献を使命として企業活動を継続してきた点を高く評価いただき、最高賞である経済産業大臣賞を受賞しました。

詳細はこちら

日本政策投資銀行の「DBJ 健康経営格付」を取得

「DBJ 健康経営格付」は従業員の健康配慮への取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、世界で初めての融資メニューです。サトーは社員がいきいきと働くことができるよう、かねてより健康増進や効率的な業務を推進する健康経営への取り組んでいることが評価され、格付を取得しました。

詳細はこちら

2015年

「CL4/6 NXシリーズ」が「ITpro EXPO AWARD 2015」で優秀賞を受賞

産業用バーコード/RFIDプリンタ「スキャントロニクスCL4/6 NXシリーズ」が、IoTを実装し、予防保守から業務改善提案を可能にした先進性を評価され、「ITpro EXPO AWARD 2015」優秀賞を受賞しました

詳細はこちら

「CL4/6 NXシリーズ」が「2015年度 グッドデザイン賞」を受賞

  • 耐久性重視の作業環境を考慮、部品点数を減らした壊れにくい設計
  • お客さま自身が工具レスでメンテナンスをしやすい構造
  • フルカラーLCDの搭載や、直感的な操作ができるボタンやアイコンを採用した、誰でも使いやすいデザイン

などの点が評価され、「2015年度 グッドデザイン賞」を受賞しました。

詳細はこちら

経済産業省主催「IDトラストフレームワーク・ビジネスモデルコンテスト」で最優秀賞を受賞

「2020年オリンピックを視野に入れた"訪日外国人へのおもてなし"サービス」をテーマに、本人同意のもと提供された個人認証および属性情報を活かし、サービス利用者の利便性を図るビジネスモデルを表彰するものです。サトーでは銀座三越様で「買い物」の場面における実証実験を実施。参加いただいた約400名の訪日観光客の方々のお買い物を多言語で支援しました。コンテストではこの実証実験の成果とアイデアの新しさ、社会実装性の高さが評価されました。

詳細はこちら

自動認識システム大賞「優秀賞」を受賞

同賞は、一般社団法人日本自動認識システム協会が自動認識技術やシステムの発展と普及・啓発を目的として、先進的かつその効果が極めて顕著な自動認識関連の技術やシステムを表彰するものです。サトーは「自動認識技術を活用した訪日外国人客へのおもてなしサービス」で2015年度の「優秀賞」を受賞しました。

詳細はこちら(外部サイト)

子育てサポート企業認定マーク「くるみん」、4回目の取得

「くるみん」は次世代育成支援対策推進法に基づき、厚生労働大臣が「子育てサポート企業」として認定した証です。サトーは社員のワークライフバランス実現を目指し、次世代を担う子どもたちを健やかに育てられる環境の整備が評価され、2012年、2009年、2007年に引き続き4回目の認定を受けました。

詳細はこちら

全日シール連「シール・ラベルコンテスト」

同コンテストは全日本シール印刷協同組合連合会が主催するもので、印刷の技術力、応用力(デザイン性、シール・ラベルの機能性や用途)などが審査基準となり、それらの総合評価に基づいて受賞作品が決定されます。サトーは2015年度のコンテストで全日本シール印刷協同組合連合会会長賞をはじめ3つの賞を受賞し、18年連続の受賞を果たしました。

詳細はこちら

2014年

全日シール連「シール・ラベルコンテスト」

同コンテストは全日本シール印刷協同組合連合会が主催するもので、印刷の技術力、応用力(デザイン性、シール・ラベルの機能性や用途)などが審査基準となり、それらの総合評価に基づいて受賞作品が決定されます。サトーは2014年度のコンテストで経済産業省商務情報政策局局長賞をはじめとした4つの賞を受賞し、17年連続の受賞を果たしました。

詳細はこちら

2013年

「エコナノ」が、"超"モノづくり部品大賞で「環境関連部品賞」を受賞

「2013年"超"モノづくり部品大賞」で、燃焼時に発生するCO2を吸収・削減するシール・ラベル「エコナノ」が評価され、「環境関連部品賞」を受賞しました。

詳細はこちら

自動認識システム大賞「入選」

同賞は、一般社団法人日本自動認識システム協会が自動認識技術やシステムの発展と普及・啓発を目的として、先進的かつその効果が極めて顕著な自動認識関連の技術やシステムを表彰するものです。サトーは「手術室のカテーテルRFID管理」および「賞味期限表示ラベルチェックシステム」で2013年度の「入選」を果たしました。

「ダイバーシティ経営企業100選」に選出

経済産業省主催の「ダイバーシティ経営によって企業価値向上を果たした企業」を選出する「ダイバーシティ経営企業100選」に選ばれました。役職階層別ダイバーシティ研修制度の開催をはじめ、育児休暇中の社員へのサポートや女性の活躍推進、手話講習会、社内コミュニケーションの活性化推進などの取り組みが評価されたものです。

詳細はこちら

全日シール連「シール・ラベルコンテスト」

同コンテストは全日本シール印刷協同組合連合会が主催するもので、印刷の技術力、応用力(デザイン性、シール・ラベルの機能性や用途)などが審査基準となり、それらの総合評価に基づいて受賞作品が決定されます。サトーは2013年度のコンテストで全日本シール印刷協賛会会長賞をはじめとした4つの賞を受賞し、16年連続の受賞を果たしました。

詳細はこちら

「世界ラベルコンテスト」

「世界ラベルコンテスト」は、FINAT(欧州ラベル印刷団体)、TLMI(北米ラベル印刷団体)、JFLP(全日本シール印刷協同組合連合会)と、そのほか複数の団体が参加して年1回開催されているコンテストです。サトーは2013年度のコンテストで3部門において最優秀賞と審査員特別賞を受賞し、7年連続の受賞を果たしました。

詳細はこちら

2012年

日本初、シール・ラベルで「カーボンフットプリント宣言認定」を取得

台紙がないシール・ラベル「ノンセパ」がカーボンフットプリント(以下、CFP)コミュニケーションプログラムにおいて、シール・ラベル業界で初めて、「CFP宣言認定」を取得しました。CFPとは、製品の原材料調達から廃棄・リサイクルに至るまでのライフサイクル全体でのCO2排出量を分かりやすくマークで表示する仕組みです。

詳細はこちら

自動認識システム大賞「フジサンケイビジネスアイ賞」「入選」

同賞は、一般社団法人日本自動認識システム協会が自動認識技術やシステムの発展と普及・啓発を目的として、先進的かつその効果が極めて顕著な自動認識関連の技術やシステムを表彰するものです。サトーは「試料管理ラベル発行システム」で2012年度の「フジサンケイビジネスアイ賞」を受賞、「スマートフォンを使用した引越の荷物管理システム」で「入選」を果たしました。

「試料管理ラベル発行システム(フジサンケイビジネスアイ賞)」の詳細はこちら(外部サイト)

「スマートフォンを使用した引越の荷物管理システム(入選)」の詳細はこちら(外部サイト)

子育てサポート企業認定マーク「くるみん」、3回目の取得

「くるみん」は次世代育成支援対策推進法に基づき、厚生労働大臣が「子育てサポート企業」として認定した証です。サトーは社員のワークライフバランス実現を目指し、次世代を担う子どもたちを健やかに育てられる環境の整備が評価され、2009年、2007年に引き続き3回目の認定を受けました。

詳細はこちら

全日シール連「シール・ラベルコンテスト」

同コンテストは全日本シール印刷協同組合連合会が主催するもので、印刷の技術力、応用力(デザイン性、シール・ラベルの機能性や用途)などが審査基準となり、それらの総合評価に基づいて受賞作品が決定されます。サトーは2012年度のコンテストで全日本シール印刷協賛会会長賞をはじめとした5つの賞を受賞し、15年連続の受賞を果たしました。

詳細はこちら

「世界ラベルコンテスト」

「世界ラベルコンテスト」は、FINAT(欧州ラベル印刷団体)、TLMI(北米ラベル印刷団体)、JFLP(全日本シール印刷協同組合連合会)と、そのほか複数の団体が参加して年1回開催されているコンテストです。サトーは2012年度のコンテストで2部門において最優秀賞を受賞し、6年連続の受賞を果たしました。

詳細はこちら

2011年

食品向けモービルソリューション「ワンチェック」が日食優秀食品機械資材・素材賞を受賞

同賞は食品業界をサポートする全ての機械、資材、素材を対象に業界の発展に貢献した製品に授与されるものです。「ワンチェック」は初期費用を安価に抑えて導入できる食品製造業向け工程管理システム。携帯型ラベルプリンタとハンディターミナル各1台という単位から導入でき、改善したい現場からシステム化を進められる点が評価されました。

自動認識システム大賞「入選」

同賞は、一般社団法人日本自動認識システム協会が自動認識技術やシステムの発展と普及・啓発を目的として、先進的かつその効果が極めて顕著な自動認識関連の技術やシステムを表彰するものです。サトーは「カラービットを使った書類管理システム」で2011年度の「入選」を果たしました。

詳細はこちら(外部サイト)

全日シール連「シール・ラベルコンテスト」

同コンテストは全日本シール印刷協同組合連合会が主催するもので、印刷の技術力、応用力(デザイン性、シール・ラベルの機能性や用途)などが審査基準となり、それらの総合評価に基づいて受賞作品が決定されます。サトーは2011年度のコンテストで経済産業省商務情報政策局局長賞をはじめとした4つの賞を受賞し、14年連続の受賞を果たしました。

詳細はこちら

「世界ラベルコンテスト」

「世界ラベルコンテスト」は、FINAT(欧州ラベル印刷団体)、TLMI(北米ラベル印刷団体)、JFLP(全日本シール印刷協同組合連合会)と、そのほか複数の団体が参加して年1回開催されているコンテストです。サトーは2011年度のコンテストで4部門において最優秀賞を受賞し、5年連続の受賞を果たしました。

詳細はこちら

ページの先頭へ