サトーグループのコアビジネス

サトー独自のビジネスモデル DCS & Labeling

自動認識技術を活用して、お客さまの現場の「人」や「モノ」の動きを情報(データ)化し、的確かつ効率的に収集(コレクション)することで「情物一致」を実現する。それがサトー独自のビジネスモデル「Data Collection Systems & Labeling(DCS & Labeling)」です。

活躍のフィールド

サトーグループの自動認識ソリューションは、製造工場や物流センター、小売店から病院などさまざまな場面で活用されています。

ページの先頭へ