サトーグループのダイバーシティ

「あくなき創造で持続可能な社会に貢献する」という共通の目的のもと、性別、国籍、文化など、さまざまなバックグラウンドを持つ人々が活躍する-それがサトーグループの目指すダイバーシティです。

メッセージ

サトーグループは2011年10月に、社長直下組織として「ダイバーシティ推進室」を設置し、同年12月にダイバーシティ宣言を行いました。2013年4月からは全社を横断する「ダイバーシティ委員会」に形を変え、グループ各社の社長を委員とし活動を一層強化しています。現場発でさまざまなアクションを起こし、多様性を企業の文化、風土として根付かせ、社員一人ひとりが参画意識を持ち、グローバルで戦える革新的なアイデアの創出につなげてまいります。

サトーホールディングス株式会社
代表取締役社長兼CEO
松山一雄

持続可能な成長の鍵は人財(サトーでは人は財です)にあります。
ビジョンに掲げる「世界中のお客さまから最も信頼される企業になること」の実現のため、"個"が互いに尊重され、多様性が尊重される企業風土が不可欠です。サトーグループは独自のダイバーシティアクションを推進し、さらなるイノベーションと顧客価値創造につなげてまいります。

サトーホールディングス株式会社
常務執行役員 ダイバーシティ推進担当
笹原美徳

ダイバーシティ100選に選ばれました

2013年、サトーグループはダイバーシティの取り組みの「実践性」「革新性・先進性」そして「トップのリーダーシップ」が評価され、経済産業省主催の「ダイバーシティ経営企業100選」に選ばれました。

階層別ダイバーシティ研修

サトーグループではダイバーシティマネジメント実現のために全社で取り組みを進めています。 グループ各社の社長、マネジャー(部長・課長)、リーダー職(係長・主任)、新入社員を対象にした階層別のダイバーシティ研修を定期的に開催しています。

社内コミュニケーションの活性化を促進

ダイバーシティフォーラムの開催

将来サトーグループを担う次代のリーダーを対象に、これからの女性の働き方や活躍の在り方などをテーマに、フォーラムを開催しています。

社員が英語に触れる機会づくり-“English Hour”の開催

本社(東京都・目黒)では、社員が就業後に希望者が集まり、気軽に英会話を楽しむ「English Hour」を定期的に開催しています。外国籍社員も加わり、社内交流を深める場にもなっています。

社員による手話講習会

聴覚障がいを持つ社員が中心となり、昼休みや朝礼時に講習会やワンポイントレッスンを行っています。毎回多くの社員が参加しています。

休職中の社員のサポート

育児などで休職中の社員を対象に、経営トップのメッセージや会社のニュースを掲載したポータルサイトの閲覧ができるようにしています。また、経営提案ができる「三行提報」システムも利用できるようにし、会社とつながる機会を増やすことで、コミュニケーションをはかっています。

ページの先頭へ