働きやすい職場づくり

ワーク・ライフ・バランス

サトーグループでは、社員が出産・育児・介護などの状況にあっても、安心して仕事を続けられる職場環境を整備しています。

くるみん(次世代認定)マークを取得しました

働く男女の子育てを支援する仕組みづくりを進め、次世代法に基づく「行動計画」に掲げた目標を達成したことで、2007年5月、2009年7月、2012年7月、2015年11月に「くるみん(次世代認定)マーク」を取得しました。

第1回の行動計画(2005年4月1日~2007年3月31日) 認定マーク取得(2007年5月)

  1. 1.フレックスタイムの導入部署を広げる
  2. 2.育児休業取得が可能な期間を子が3歳に達する日までとする
  3. 3.計画期間内(2年間)に男性社員の育児休業取得者を出す

第2回の行動計画(2007年4月1日~2009年3月31日) 認定マーク取得(2009年7月)

  1. 1.男性の育児参加支援のために、現在ある配偶者出産時休暇を拡大した休暇を設ける
  2. 2.男性が育児休業取得しやすい方策を講じる

第3回の行動計画(2009年4月1日~2012年3月31日) 認定マーク取得(2012年7月)

  1. 1.所定外労働時間の削減のための方策を講じる
  2. 2.年次有休休暇の取得促進のための方策を講じる

第4回の行動計画(2012年4月1日~2015年1月31日) 認定マーク取得(2015年11月)

  1. 1.朝型勤務制度の導入(2014年7月~)
  2. 2.ワークライフバランス勤務制度の導入(2014年7月~)
  3. 3.フレックスタイムの制度化(2014年10月~)
  4. 4.有給休暇取得奨励日の促進
  5. 5.計画有休の取得促進
  6. 6.「どこでもワーク」の実施

仕事と家庭の両立支援

育児休業早期復職支援制度

育児休業を取得した社員が、子が満3歳になる前に復職した場合、休職に入る直前の年俸月払い額の20%(月額6万円限度)を保育費補填として、給料に加算して支給します。

病児保育支援制度

2009年度より、病児保育サービスを利用した際の実費を一定限度で負担しています。

労働安全への取り組み

各部署の代表社員による安全衛生委員会を定期的に開催し、職場安全チェックなど社員の労働災害防止への施策に取り組んでいます。社員が心と身体の健康を保ち、安全に働くことができるよう安全配慮に努めています。

AEDの設置

社員の提案から、拠点にAED(自動体外式除細動器)を設置。AEDの使い方や緊急時の対応に関する講義を行うとともに、社員だけでなく近隣の方々にも使用していただけるよう配備しています。

社員相談室

独立した組織として社員相談室を開設し、専任者を設けて社員のメンタルヘルス対策に取り組んでいます。仕事上の悩み、職場の人間関係、心身の健康問題など、さまざまな悩みや問題に対し、プライバシーを守りながらきめ細やかに対応しています。2013年からは週1回社外の専門家による「こころの電話相談室」が開かれ、社員が相談できる体制を整えています。
また、ストレスとの付き合い方・対処法など、社員が生き生きと働けるよう各種情報をイントラネットで継続的に発信しています。

ページの先頭へ