人事方針

基本的な考え方

わたしたちは、弊社の事業において付加価値を生み出す源泉は人であることを認識し、「社員が財産」という視点に立ちます。人間性の尊重と多様性の受容を基本として、人財の確保、配置、育成、評価、処遇などの人事諸施策を進めます。

行動指針

  1. 1.サトーの経営基本方針の理解と徹底を人財育成の基本とする。
  2. 2.社員は良き者、善なる者として信頼する。
  3. 3.権力によらず理解と信頼をもって人を動機づける。
  4. 4.年齢、国籍、性別、学歴等にこだわらず、適材適所をもって多様な人財を活かす。
  5. 5.人財の育成には適切な目標を与え、その遂行に相応しい権限と責任を与えて行う。
  6. 6.評価と処遇は私情によることなく、発揮された能力と成果によってのみ決定する。

ページの先頭へ