よくあるご質問

Windows汎用プリンタドライバ

Plug&Play回避方法

Windows2000/XP/Server2003/Vistaのプリンタドライバをインストールし、プリンタの電源を入れた状態でPCを起動すると、「新しいハードウェアの検出ウィザード」が起動する場合があります。

ホームページよりプリンタドライバをダウンロードされた方は、初めに下記の手順を行ってください。

  1. 1.ダウンロードしたファイルを実行し、解凍してください。
  2. 2.フォルダ内にある「BINS」フォルダを選択し、「PrInst_機種名.exe」を実行するとインストール画面が立ち上がります。
  3. 3.「インストール」をチェックし、「次へ」をクリックしてプリンタの選択画面を立ち上げます。
  4. 4.Plug&Play回避方法(PDF:307KB)の手順(4)へ進んでください。

プリンタドライバ共有機能

ローカルポート(LPT/COM/USB)に接続されたプリンタをネットワーク(LAN)で接続された複数のPCから共有して印字を行いたい場合に利用します。

ネットワークユーティティ(Admin Manager)

通信エラー発生時もしくはプリンタが検索できない場合の確認事項

  1. 1.PCとプリンタが同一セグメント上に存在していない(ルータを経由していない)可能性があります。
    → 設定を行うPCとプリンタは同一セグメント上に設置してください。
  2. 2.PCにTCP/IP(IPアドレス)設定がされていない可能性があります。

    ※「ネットワークプロパティ」、または「コマンドプロンプト」でipconfig、winipcfgコマンドを用いて確認してください。
    → PCのTCP/IP(IPアドレス)設定を行ってください。

  3. 3.PCのIPアドレスと、プリンタに設定しようとしているIPアドレスのクラスが異なっている可能性があります。
    → PCのIPアドレスか、またはプリンタに設定しようとしているIPアドレスを変更して、同一クラスになる環境で再度設定してください。

    ※再設定する場合は、LANボードを初期化してください。
    (ディップスイッチ2番をONにして電源を入れます。10~20秒時間が必要です。電源をOFFにしてディップスイッチを戻します)。

  4. 4.DHCP等の自動IPアドレス割り当て機能が設定されていないルータやサーバー等機器が存在している可能性があります。
    → ルータやサーバ等機器の設定を確認して設定するか、
    ルータやサーバ等の存在しない1台のHUBのみの環境で設定を行う必要があります。
    このとき、製品のDHCPプロトコルとRARPプロトコルをDisable(使用しない)にすることで、ルータ等機器の影響を受けなくなります。
  5. 5.プリンタに間違ったIPアドレスが設定されている可能性があります。
    → LANボードを一旦初期化して再設定し、再度確認してください。

    ※再設定する場合は、LANボードを初期化してください。
    (ディップスイッチ2番をONにして電源を入れます。10~20秒時間が必要です。電源をOFFにしてディップスイッチを戻します)。

  6. 6.ファイアウォール等のセキュリティソフトが動作しており、弊社製品との通信が除外されている可能性があります。
    → ファイアウォール等のセキュリティソフトを停止させてから再度確認ください。
【Windows XP(SP1)の標準ファイアウォール】

・インターネット接続ファイアウォールを無効にしてください。
手順の例:

  1. (1)「スタート」-「コントロールパネル」-「ネットワーク接続」
    (もしくは「ネットワークとインターネット接続」-「ネットワーク接続」)
    で使用しているネットワーク接続(ローカルエリア接続等)を右クリックします。
  2. (2)「プロパティ」を選択します。
  3. (3)プロパティの表示で「詳細設定」を選択します。
  4. (4)「インターネット接続ファイアウォール」のチェックが外れているか確認してください。
【Windows XP SP2以降のOSのファイアウォール】

・IPアドレスを設定時のみWindowsファイアウォールを無効にしてください。
手順の例:

  1. (1)「スタート」-「コントロールパネル」-「セキュリティセンター」より、『Windowsファイアウォール』を選択してください。
  2. (2)「Windowsファイアウォール」の『全般』タグ上の"無効(推奨されません(F))"にチェックをいれ「OK」を選択してください。
【OSがWindows Vista、Windows 7、Windows Server 2008 R2のいずれか場合】

上記OSでは、DHCPのないネットワーク環境下に、I/FがLANのプリンタを接続した場合、LANボードが出荷時の場合や初期化した場合、ネットワークユーティリティで検索できない場合があります。
これは上記OSがIPアドレス0.0.0.0の通信を受け付けなくなっているためです。
以下の①~④のいずれかの方法でIPアドレスの設定を行ってください。

  1. Windows XPのPCでネットワークユーティリティを使用してIPアドレスを設定します。
  2. DHCP環境下のネットワーク環境に接続します。
  3. SR400などLCDでIPアドレスを設定できるプリンタはLCDでIPアドレスを設定します。
  4. ARPコマンドを使ってIPアドレスを設定します。
    以下ARPコマンドを使ってのIPアドレス設定方法となります。
    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    1. (1)Windowsのコマンドプロンプトを管理者モードで起動します。
    2. (2)コマンドプロンプトより、以下のコマンドを入力します。
      "arp -s xxx.xxx.xxx.xxx XX-XX-XX-XX-XX-XX"

      xxx.xxx.xxx.xxxは、LANボードに設定するIP アドレス
      XX-XX-XX-XX-XX-XXは、LANボードのMAC Address

      例:arp -s 192.168.31.64 00-80-92-01-06-a4
    3. (3)コマンドプロンプトより、以下のコマンドを入力します。
      "ping xxx.xxx.xxx.xxx"

      xxx.xxx.xxx.xxx は(2)で入力したIPアドレス

      pingコマンドにより、入力したIPアドレスからPINGの応答が返ってくることにより、IPアドレスの割り当てが完了します。
    4. (4)上記(3)で設定したIPアドレスにてLANボードとの通信が可能となりますので
      ネットワークユーティリティ、WEBページ等から再度IPアドレスの設定を行い、LANボードを再起動してください。
      1. (3)で割り当てたIPアドレスは、LANボードに仮に付与されたIPアドレスとなりますので、
      2. (4)の手順を行わない場合、LANボード再起動後にIPアドレスは0.0.0.0に戻ります。
  5. -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ページの先頭へ