インバウンドソリューションTOP>導入事例>Pepper活用事例「クイーポ様」

導入事例

ヒト型ロボット「Pepper」で
免税販売を支援

InboundWorks TaxFree Robo導入事例「ダン ゲンテン表参道ヒルズ店様」

7月9日(金)、10日(土)の二日間、ソフトバンクロボティクス株式会社のヒト型ロボット「Pepper」を、革製品の専門店「ダン ゲンテン表参道ヒルズ店」における免税販売に活用する実証実験を実施しました。Pepperを免税販売支援に使うのは日本初の試みです。

集客、多言語商品紹介から免税書類発行まで! 〜 InboundWorks TaxFree Robo

“集客効果と、お客さまをお待たせしない運用につながると期待しています”

dan genten表参道ヒルズ店 副店長 谷脇健治 様

ダン ゲンテン表参道ヒルズ店様

Pepperを免税販売に活用する流れ

※ソフトバンクロボティクスのPepperを活用し、自社が独自に実施しているものです。

  1. 1集客

    集客

    店舗入口でお出迎え。
    集客が増大
    (実証実験店舗/16年7月)

  2. 2商品提案

    商品提案

    人気のおすすめ商品をタッチバネルに表示。

  3. 3免税制度説明

    免税制度説明

    Pepperの音声と画面で免税手続きをご案内。

  4. 4免税書類作成・手続

    免税書類作成・免税手続

    バスボートスキャンと書類発行がセルフで可能。
    免税手続きは、店舗スタッフに行っていただきます。

導入効果

Before

After

免税手続に時間が掛かり、お客さまをお待たせしてしまっていた。

お客さま自身が免税書類をPepperと対話しながら作成することで、免税手続の時間が削減できた。

集客の手法を模索していた。

Pepperの声掛け機能が集客に繋がった。

訪日外国人客への商品説明に苦慮していた。

Pepperの多言語商品紹介機能で、訪日外国人客に商品説明が行えるようになった。

お問い合わせはこちら
Japan. Shopping!

サトーホールディングス株式会社は、一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会の準会員企業です