サトーグループのビジネスのフィールド

バーコードや2次元コード、RFIDなどの自動認識技術を活用し、現場からの情報を効率的かつ正確に収集し、シール・ラベル製品を介してサプライチェーンの川上から川下まで一気通貫で迅速・正確に送る独自のビジネスモデル「DCS & Labeling(データ・コレクション・システムズ・アンド・ラベリング)」を展開しています。お客さまの現場に「正確・省力・省資源」をもたらし、そして「安心」と「環境保全」を実現するソリューションを提供しています。

製造、物流、医療、小売、食品加工、サービスなど、社会のさまざまな現場に「物」や「人」の動きと「情報」の流れが存在します。この、情報と現物を一致させる重要な役割を担うのが、一枚のラベルです。わたしたちは、お客さまの現場環境に最適な自動認識システムとラベリング・ソリューションを総合的に提案。幅広い場面で活躍しています。

次に、この「DCS & Labeling」でサトーが実現する社会貢献についてご紹介いたします。

ページの先頭へ