変化を続けるサトーグループ

「あくなき創造」をモットーとするサトーグループは、創業以来、市場の変化に合わせて製品を開発するだけでなく、自ら新しい市場を切り拓き、ノウハウを蓄積してきました。

その市場は、製造から物流、小売、食品加工や医療など、さまざまな分野に広がっています。わたしたちは、メーカーとして、またソリューション・プロバイダーとして、お客さまの声に耳を傾け、市場のニーズに応える革新的なアイデアを提案し続けてまいります。

パイオニアであり続けるために ~市場ニーズに応える開発力と提案力~

1940年に竹、ラタン、ヤシ加工機械の開発・製造・販売からスタートしたサトーは、「あくなき創造」の社是の下、常に進化を繰り返してきました。

1962年に創業者・佐藤陽が商品への値付け作業を容易にするハンドラベラーを世界で初めて発明。現在まで続く「モノと情報を一致させる=情物一致」というビジネスの軸が出来上がりました。

1981年にはPOSレジスターの普及を背景に、熱転写方式バーコードプリンタを世界で初めて開発。1990年代から2000年代にかけては「モノ売り」から「コト売り」への転換を図りました。お客さまの現場に足を運び、多種多様なモノと情報をバーコードで紐付け、集まったデータを収集しITシステムで処理することで業務改善を図るビジネスモデル「DCS (Data Collection System) and Labeling」が確立されたのです。

2010年代、「DCS and Labeling」を軸に、さまざまな分野でパートナーシップを強化。サトーは自動認識技術を使ったハードウェア・サプライの開発・製造からソリューションの開発、インテグレーションまで一気通貫で行う世界で唯一の企業となりました。

そして今日、あらゆる人、モノがインターネットにつながるIoTの時代が到来し、ビッグデータの活用が注目されています。しかし、その裏側では一つひとつのモノに誰かが情報を紐付け、正確なスモールデータを収集することが必要です。
モノとITの「ラストワンマイル」。この距離を「最後の1cm®」と称し、現場の最前線でつないでいく。これが情物一致を担ってきたサトーの使命と考え、今後も進化を続けてまいります。

前へ

次に、サトーグループのビジネスのフィールドについてご紹介いたします。

ページの先頭へ