HACCP 宇宙食から始まった食品衛生管理 現場の管理業務の軽減を実現する @Form for HACCP

HACCPは食品衛生管理の国際標準です

先進国を中心に義務化が進んでおり、日本もその流れの中にあります。東京オリンピックやTPPを見据えて各企業でも導入が進んでおり国際社会における日本企業の信頼性を推し量る指針の一つです。生産、提供過程での異物混入、食中毒、作業場汚染、管理不備のリスクに備えます。

2018年6月、食品衛生法が改正。
2020年6月までに施行され、その後1年間(2021年6月まで)は経過措置が取られます。

このようなお悩みはありませんか?

  • ● 日々手書きの帳票で管理しているが、多くの手間、ミスが発生している
  • ● 帳票の保管業務、保管場所に頭を悩ませている
  • ● 多くの帳票の作成・確認に時間がかかっている

サトーのソリューションがお手伝いいたします

ペーパーレスでHACCP対応

@Form for HACCP

HACCP導入では、まず製造現場で起こりうる危害要因を洗い出し、全ての工程での衛生管理を徹底して監視するチェック体制を確立します。その際、現場と管理者を効率的に結ぶシステムがサトーの「@Form(アットフォーム) for HACCP」(HACCPソリューション)です。

工程チェックの項目例

1.アプリに入力するだけでミスを防止

HACCP対応では日々の作業を監視し記録を残す作業が重要になります。タブレットやスマートフォンでの作業確認や数値入力で手書き時に起こりうる記載ミス、記載漏れを防ぎ、 管理作業の適正化と時間短縮を実現します。
またチェックに必要な手順書などのドキュメントをリンクすることができます。

ペーパーレスで省スペース化

HACCPでは工程ごとにチェック項目を帳票に記入、保管する必要があります。紙ベースだと膨大な量の帳票もデータでサーバーに保管することで新たな保管スペースや複雑な管理の必要がなくなります。

マルチOS、マルチデバイス対応

現在の職場環境でお使いの PCやタブレットなどのOSに合わせた仕様でソリューションを活用いただけます。ぜひご相談ください。

アラート機能

作業工程内で発生する基準値逸脱や未記録などはプッシュメッセージで作業者へ注意を促します。離れた場所にいる管理者と情報を共有し迅速に対応できるので、作業の流れを妨げません。

2.帳票をタイムリーに確認できます

手書きの帳票は全作業終了後の提出時か、管理者が作業現場を回らなければ確認ができません。@Form for HACCPは帳票をデータ上で確認することができるので、現場での帳票記入をタイムリーに閲覧・承認することができHACCP対応で追加された業務に時間が取られることはありません。

3.作業機器との連動でよりスムーズな工程チェックが可能

HACCPのモニタリング時に使用される中心温度計や温湿度計など、作業現場で使用する機器をBluetoothなどで@Form for HACCPと連動させることによって、より効率的で正確な記録を残すことが可能になります。

@Form for HACCPが目指す今後の展開

人の手による入力の省略と、蓄積されたデータの二次活用

Chatによる双方向コミュニケーション

コンサルタントのご紹介

HACCP対応のスペシャリストが
導入の初期からサポートいたします

「作業現場が複雑でチェック項目の洗い出しに時間がかかる」、「HACCP導入はプロに任せたい」といった要望をお持ちのお客さまに、サトーで契約している専門のコンサルタントをご紹介します。
現場改善のご提案や帳票作成と共に従業員の皆さまへのHACCP勉強会の実施など、スムーズなHACCP導入をお手伝いします。

詳しくは営業までお問い合わせください

業務アプリケーションに関するお問い合わせ

電話でのお問い合わせ お客様ヘルプデスク 0120-226310 受付時間: 24時間365日

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ