RetailComPass
~流通BMSデータ共通化サービス~

流通BMSの導入・運用をクラウドで支援

「RetailComPass(リテールコンパス)」は、流通BMSのメッセージやデータ設定、項目の共通化をはかり統一のデータフォーマットで提供する、卸・メーカーを対象としたクラウドサービスです。
流通BMSは業界統一のメッセージですが、細かなデータ設定については小売店ごとに独自の解釈があり、複数の小売店と取引される卸・メーカーにおいて個別にデータ修正やシステム改修を行うことは、コスト負担や運用上の負荷となっています。RetailComPassは、このような卸・メーカーの負荷を軽減し、流通BMSの導入と運用を支援するサービスです。

本サービスは株式会社インテック、株式会社インターコム、およびサトーの3社で共同開発しました。

特長

共通のソフトウェアインターフェースを採用

RetailComPassを通して小売店とデータの送受信を行うことで、小売店ごとに異なるメッセージやデータ設定を修正し、不足している項目は補足して共通のソフトウェアインターフェースでデータを提供します。この機能により、さまざまなシステム、アプリケーションサービスと容易に連携させることが可能です。

複数の小売店・量販店に対応し、メンテナンスも不要

流通BMSを採用する複数の小売店・量販店に対応します。また、小売店に新店が追加された場合も、RetailComPass上で新店を登録しますので、ユーザー(卸・メーカー)様によるメンテナンスは不要です。

受注管理から値札・ラベル発行、出荷検品など、ワンストップサービスを実現

ご要望に応じて、インターコム社製EDI受注業務支援パッケージ「Biware らくらく受注 Pro for RetailComPass」のサービス提供や、値札発行機能を提供するサトーのASPサービス「LABEL-IDENTITI」、出荷業務をサポートする「大車輪SaaS」との連携が可能です。
これにより、流通BMSへの対応に必要な機能をワンストップで提供します。

「流通ビジネスメッセージ標準」「流通BMS」は、一般財団法人流通システム開発センターの登録商標です。

業務アプリケーションに関するお問い合わせ

電話でのお問い合わせ お客様ヘルプデスク 0120-226310 9:00〜17:45(土・日・祝日を除く)

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ