作業動線の見える化・最適化でピッキング効率を改善!
~Visual Warehouse®
庫内作業動線の最適化ソリューション

位置測位技術を用いた庫内業務改善ソリューション
  • 物流現場の抱える
    課題
  • 作業動線最適化
    ソリューション
  • 製品構成

物流現場の抱える課題

多品種少量化・ロングテール化に伴う、ピッキング効率の低下

近年のEC(消費者向け電子商取引)市場の拡大、消費の多様化に伴い、メーカ・卸・3PLなどの物流現場が扱う商材は多品種少量化・ロングテール化し、庫内作業は煩雑化しています。また、商材の増加による保管スペースの拡大によって、必要な商品をピッキングするための移動距離が長距離化するなど、作業効率の低下が生じることが推測できます。また、従来の「固定ロケーションで在庫を管理し、ロケーションコード順に倉庫を一筆書きに移動する」というピッキング方法では、今後ますます多様化する市場ニーズに対応することが難しい状況と言えます。

人手不足・労働力確保への対応 ―庫内業務の生産性向上―

顧客との接点である流通・輸送現場だけでなく、モノを調達・発送する物流現場においても、人手不足が深刻化しており、労働力の確保が急務となっています。
熟練経験者の高齢化や未経験者・外国籍労働者の増加が予測される中、従来の「熟練者の経験則に依存した庫内管理」ではなく、「どの作業者であっても一定水準の生産性が上げられる庫内管理の仕組み」の構築が重要になってきます。

今後の物流改善のPOINT

  • どの作業者であっても一定水準の生産性が上げられる庫内管理の仕組みの構築
  • 市場ニーズの変化に対応できる、高効率なピッキングの仕組みの構築

ピッキング効率や作業動線の見える化・最適化に関する課題

  • ロケーション順に倉庫を一筆書きに移動しているため、移動動線が長距離化している
  • 多品種少量の商材のため、ABC分析の効果が出にくい
  • ハンディターミナル、ピッキングリストを「取り出す」「見る」「しまう」などの操作が多いため、両手を使えず、生産性向上の妨げになっている

Visual Warehouse® 経路案内ソリューションとは(特許出願中)

独自に開発した最短経路アルゴリズムと作業者誘導法により、経験値に依存しない生産性を教育レスで実現する倉庫作業者支援ツールです。

庫内ナビとは?~「行き方」を画像と音声で案内!

特長1 独自のアルゴリズムを用いた、現在地からの最短経路算出

いつでも、現在地情報と在庫の位置関係から最短のピッキング&格納経路を算出するため、最短距離で倉庫内を移動できます。

ピッキング動線の比較

従来型の一筆書き作業動線

ロケーションコードは指示されるが、どのように移動するかは作業者に任せられている(=経験値依存型の生産性)

Visual Warehouse®

作業者の現在地情報と在庫の座標情報により、リアルタイムに最短移動経路を算出し、順序と経路を指示

特長2 「碁盤の目ナビ」で、行き先だけでなく行き方をナビゲーション

京都の住所の仕組みを応用した「碁盤の目ナビ」で、最寄りの交差点を基準にナビゲーションします。「行き先」(対象品)だけでなく、「行き方」が分かるので誰でもどの通路を通るか迷うことはありません。

特長3 作業者にわかりやすい画面・音声ナビゲーション

作業者が移動経路を先読みできるような画面と音声ナビゲーションを実現しています。経験の浅い作業員であっても、熟練作業者と同等のパフォーマンスを発揮します。

システム構成

  1. ※1屋内位置測位技術は、作業開始位置の自動特定に使用します。(オプション機能)2017年5月現在、Quuppa、UWB(Ultra Wide Band:広帯域無線システム)との連携が可能です。
    連携する屋内位置測位は順次拡大予定になりますため、最新の情報は当社までお問い合わせいただけますようお願いいたします。
  2. ※2格納/ピッキングの確定処理は既存ハンディターミナルで行ってください。

仕様(推奨端末)

機種 iPod touch
OS iOS11.2
メインチップ A8チップ(1.13GHz)
メモリ 1GB
ストレージ 32GB
ワイヤレス 802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi, Bluetooth4.1

業務アプリケーションに関するお問い合わせ

電話でのお問い合わせ お客様ヘルプデスク 0120-226310 9:00〜17:45(土・日・祝日を除く)

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ