エコナノ
~ 物流や店舗等でのCO2削減に貢献するエコマテリアル

代替えテキスト

世界初!燃焼時にCO2を削減する「エコナノ」

エコナノは、ナノテクノロジーによって燃焼時に発生する二酸化炭素を削減する、世界初の技術です。東京理科大学 阿部正彦教授と、同大学発ベンチャー企業アクテイブ株式会社、およびサトーが開発しました。シール・ラベルや感熱紙をはじめ、樹脂ペレットなど、エコナノによってさまざまな素材がエコマテリアルに生まれ変わります。

エコナノ焼却時のCO2吸収の仕組み

化学吸着と炭化反応の組み合わせにより、ナノベシクルカプセルが焼却時に発生するCO2を削減します。

CO2を削減するラベル「エコナノラベル」の効果

ラベルサイズ50mm×85mm、年間使用枚数100万枚のタックラベルを、エコナノラベルに変更すると、焼却時のCO2削減量は200kg。これをレジ袋に換算すると、4,291枚分に相当します。

台紙の無いエコナノノンセパラベルならCO2削減効果は約50%!

台紙の無いシール・ラベル「ノンセパ」は、製造工程から台紙を一切使わないため生産時の紙材料を節減し、また台紙を焼却処分する必要が無いため、CO2の削減にも貢献します。この「ノンセパ」の粘着剤に、CO2吸収剤を添加したものが「エコナノノンセパラベル」です。エコナノノンセパは、通常の台紙付きラベルに比べて約50%のCO2を削減します。

<算出条件>

  • 1.算出対象範囲:タックラベル、ノンセパラベル、エコナノノンセパラベルの廃棄段階。
  • 2.廃棄段階で焼却処理されると仮定し算出しています。
  • 3.エコナノラベル、エコナノノンセパラベル焼却時のCO2削減率:20%(TG/DTA分析結果)。
  • 4.レジ袋は、1枚(標準30号 HDPE 10gと仮定)を製造・加工・焼却した場合発生するCO2排出量。
  • 4.レジ袋は、1枚(標準30号 HDPE 10gと仮定)を製造・加工・焼却した場合発生するCO2排出量。

エコな製品・サービスに関するお問い合わせ

電話でのお問い合わせ 0120-226310 9:00〜17:45(土・日・祝日を除く)

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ