• ホーム>
  • Topics>
  • 2014年>

Topics

世界初!サトー、焼却時のCO2放出を抑える技術「エコナノ」を使った感熱紙(糊なし基材)を販売開始

株式会社サトー(以下、サトー)は、このたび、焼却時のCO2の放出を抑える技術「エコナノ」を使った感熱紙(糊なし基材)を販売開始いたしました。弊社の感熱方式プリンタでご利用いただけます。


サトーでは、2011年11月より、このCO2削減技術を使用した世界初となるラベル「エコナノ」を販売してまいりました。これまでに11,000社への導入実績があり、さまざまな業界の生産・流通・消費といった各シーンでお客さまにご利用いただきご好評いただいております。


今まではラベルの粘着剤にエコナノ技術を適用する手法で製造していましたが、このたび用紙へ塗布する技術が構築できたことにより、粘着剤を使用しない感熱紙でもエコナノ化が可能となりました。通常の感熱紙と比較して、焼却時のCO2の発生を80%以下(弊社試験結果)に抑える効果があります。

2014_7_econano_logo.jpg
「エコナノ」ロゴ

サトーでは商品を通じた環境問題対応として全ての商品をエコナノ化することを目指しております。このたび販売を開始したエコナノ感熱紙は、環境保全への意識が高い製造業をはじめ、物流、アミューズメント、アパレル業界などのお客さま向けとして、標準帳票や現品票、ジャーナル、チケット、振込み用紙、値札(タグ)、での用途を見込んでおります。紙の厚さは80μ、105μ、120μからなり、今後はお客さまのニーズに応じてラインアップを追加してまいります。


2014_7_econano_1.jpg

各種証明書やチケットに

  2014_7_econano_2.jpg

製造業の工程管理票に

  2014_7_econano_3.jpg

対応プリンタ一例



■株式会社サトー概要
代表者:代表取締役社長 山田圭助
本社 :東京都目黒区下目黒1丁目7番1号ナレッジプラザ
設立 :1951年5月
資本金 :73億6,100万円(2014年3月31日現在)
事業内容:プリンタ、ハンドラベラー等のハードウェア製品およびサプライ製品の販売

ページの先頭へ