• ホーム>
  • Topics>
  • 2015年>

Topics

サトー、佐川急便様にエコナノ®ラベルを納入
~焼却時のCO2発生を抑えるラベルで環境負荷を低減~

弊社グループで製品の販売を手掛ける株式会社サトーは、佐川急便株式会社様に、焼却時のCO2の発生を抑える技術「エコナノ®」を使った送り状ラベルを納入いたしました。佐川急便様の出荷支援システムの送り状発行サポートで1月21日から使用されています。


佐川急便様が送り状発行サポートで使用するラベルは年間約9,700万枚(※1)です。今後、エコナノを使った送り状を使用することで、通常の送り状にくらべてラベルの焼却処分時に排出されるCO2を年間約67t削減することが可能です。これは、杉の木4,832本分のCO2年間吸収量に相当します。


エコナノとは、ナノテクノロジーにより焼却時に発生するCO2を抑える技術です。サトーは、このCO2削減技術を使用した世界初となるラベル「エコナノ」を東京理科大学 阿部正彦教授と東京理科大学発のベンチャー企業アクテイブ株式会社と共同で開発し、2011年から販売を開始しました。これまでに11,000社への導入実績があり、さまざまな業界の生産・流通・消費といったサプライチェーンの各シーンでご利用いただいております。


エコナノは、ラベル(焼却時のCO2の発生を約20%削減)やビニール袋(同60%削減)などさまざまな素材に使用することができます。サトーは今後もエコナノを使った商品でお客さまの環境負荷低減に貢献し、お客さま価値の向上につとめてまいります。


(※1)対象の送り状発行サポートのラベル:1枚構造のステッカータイプのサーマル荷札



 ■株式会社サトー 概要
所在地:東京都目黒区下目黒1丁目7番1号
資本金:40億円
代表者:代表取締役社長 山田 圭助
事業内容:プリンタ、ハンドラベラー等のハードウェア製品およびサプライ製品の販売

sagawa_label.jpg
エコナノを使った送り状ラベル

ページの先頭へ