• ホーム>
  • Topics>
  • 2015年>

Topics

サトー、セブン&アイ・ホールディングス様に
焼却時のCO2を削減する技術「エコナノ®」を使った鶏卵ラベルを納入

弊社グループの国内販売会社である株式会社サトーは、株式会社セブン&アイ・ホールディングス様(本社:東京都千代田区、代表取締役社長<COO>:村田 紀敏 以下、セブン&アイ様)に、焼却時にCO2を削減する技術「エコナノ®(※)」を使ったラベルを納入いたしました。


7月上旬より、全国のセブン-イレブンやイトーヨーカドーなど、セブン&アイ様の各店舗で販売される『セブンプレミアム こだわり新鮮たまご』(以下、『こだわり新鮮たまご』)の商品ラベルとして使われます。


econano_release_0616.jpg


セブン&アイ様へのエコナノラベルの納入は、今年2月よりリニューアル新発売された『セブンゴールド 金の食パン』の商品ラベルに続き2品目となります。


『こだわり新鮮たまご』のエコナノラベルは、通常のラベルと比較して燃焼時に発生するCO2を約20%削減する効果があり、年間約22,900㎏のCO2削減につながります。これは杉の木約1,630本分のCO2吸収量に相当します。


エコナノは、ナノテクノロジーにより焼却時に発生する炭素分を灰として残すことでCO2を抑える技術です。サトーでは、ラベル以外にもレジ袋や梱包用ストレッチフィルム(ともに約60%のCO2を削減)など、焼却処分されるさまざまなモノの素材にエコナノ技術の適用を進め、お客さまの環境負荷低減に貢献してまいります。


(※)東京理科大学 阿部正彦教授、東京理科大学発ベンチャー アクテイブ㈱およびサトーホールディングス㈱が共同開発。


< 参考資料 >

■株式会社サトー 概要
所在地:東京都目黒区下目黒1丁目7番1号
資本金:40億円
代表者:代表取締役社長 山田 圭助
事業内容:プリンタ、ハンドラベラー等のハードウェア製品およびサプライ製品の販売

ページの先頭へ