• ホーム>
  • Topics>
  • 2017年>

Topics

焼却時のCO2発生を抑えるサトーの技術「エコナノ®」が味の素(株)の「鍋キューブ®」外袋に採用 ~食品用で世界初!焼却時のCO2発生量を25%以上、年間排出量を約44トン削減~

サトーホールディングス株式会社


当社グループのサトーグリーンエンジニアリング株式会社(本社:東京都目黒区)が開発・販売を行う、焼却時にCO2を削減する技術「エコナノ®」(※1)が、味の素株式会社(本社:東京都中央区)の「鍋キューブ®」(※2) 8個入の外袋(パウチ)に採用されました。食品用のCO2削減包材として、世界初の導入となります。

20170214_1.jpg

エコナノは、ナノテクノロジーにより、焼却時に発生する炭素分を灰として残すことでCO2を抑える技術です。味の素㈱における本技術導入の第一弾として、2012年の発売以降、好調な売上とともに品種も増加する「鍋キューブ®」8個入(全7品種)で採用されました。これにより、エコナノ導入前と比較して、燃焼時のCO2発生量を25%以上削減、年間のCO2排出量で約44トンが削減される見込みです。


味の素(株)ではこれまで、製品パッケージの省資源化や出荷時の省エネルギーなど環境負荷の低減に注力していましたが、新しい技術探索の中で、エコナノが実現する「燃焼時のCO2削減」という手法に着目しました。


味の素(株)では「鍋キューブ®」を独自の環境マークである「味なエコ」マーク®(※2)の記載製品としてラインナップしています。また、味の素(株)では、2016年11月末に開催された「第54回全日本包装技術研究大会」にて、本開発事例を「CO2発生量削減包材の開発」と題して発表し、優秀発表者として表彰されました。


(※1)東京理科大学 阿部正彦教授、東京理科大学発ベンチャー アクテイブ(株)およびサトーホールディングス(株)が共同開発。エコナノは、サトーホールディングス(株)の登録商標です。
(※2)「鍋キューブ®」および「味なエコ」マーク®は味の素(株)の登録商標です。



《参考資料》

味の素株式会社 関連URL(CO2吸収包材でエコ)
https://www.ajinomoto.com/jp/activity/environment/eco/life09.html

サトーのエコナノ
http://www.sato.co.jp/products/ecomatch/econanolabel.html



■ サトーグリーンエンジニアリング株式会社 概要
所在地:東京都目黒区下目黒1丁目7番1号
資本金:1,000万円
代表者:代表取締役社長 徳永 清徳
事業内容:ナノベシクルカプセル(CO2削減剤)技術のラベル以外の用途開拓、環境事業開拓


■ サトーホールディングス株式会社 概要
創業:1940年 (設立:1951年)
所在地:東京都目黒区下目黒1丁目7番1号
資本金:84億円(2016年3月31日現在)
代表者:代表取締役執行役員社長兼CEO 松山 一雄
年商:連結1,055億円(2016年3月期)
従業員数:4,861名(2016年3月31日現在)
グループ事業内容 :バーコード、2次元コード、RFIDなどを利用した自動認識システムの提案と、ハードウェア、ソフトウェアおよびサプライ製品の開発、製造、販売、保守。シール・ラベルのデザイン、製造、販売

ページの先頭へ