• ホーム>
  • Topics>
  • 2017年>

Topics

DataLaseとHAVIが提携し、デジタル上の顧客接点を世界市場で創出

※本資料は、サトーグループのDataLase社発表のニュースリリースの抄訳版です。

サトーホールディングス株式会社


インライン・デジタル・プリンティング(※1)を専門とする、サトーグループのDataLase Ltd.(本社:英国、以下 DataLase)は、包装、アナリティクス、市場分析およびサプライチェーン管理を専門とするHAVIグループ(本社:米国、以下 HAVI)と提携し、レストラン、コンビニ、ファストフード店等の食品サービス業界向けに、店頭で個々の消費者に応じたメッセージを商品パッケージに印字できるソリューションの共同開発に着手したことを発表します。


20170622_j.jpgHAVIは、POS(販売時点情報管理)のデータを収集し、納入業者や提携企業と共有します。食品サービスのブランド企業は、これらのデータと、レーザー照射で変色するDataLaseの顔料を組み合わせることによって、個々の消費者にとって意味のあるパーソナライズされた情報を、サプライチェーンのいずれの段階でも商品や包装資材に印字することができるようになります。店頭向けに革新的なソリューションの提供が可能となり、店舗ではパーソナライズされた商品パッケージを通じて消費者との関わりを深め、消費者のブランドへの愛着を高めることができます(※2)


本ソリューションにより、食品サービスのブランド企業は消費者の「購買意思決定の瞬間」を広げることができます。従来の大規模なマーケティングキャンペーンを、個々の消費者に応じたOne to Oneマーケティングに変換し、消費者とブランドのつながりを生み出し、リピート購買や衝動購買の意欲を高めることができます。


HAVI グローバルイノベーション部門のバイスプレジデントであるShane Bertschは、次のように語っています。「商品パッケージは、ブランドと顧客の柔軟なデジタル・タッチポイント(顧客接点)となる可能性を秘めています。モノのインターネット(IoT)の普及に伴って、包装関連企業がこの可能性を探り始めたのです」


「HAVIは、積極的に食品サービスのブランド企業と関わり、当社の各事業部および有能な従業員を通じてソリューションを展開することに誇りを持っています。DataLaseとの提携によって、私たちのお客さまが求めている革新的なソリューションを提供する機会が生まれることは明らかでした。お客さまは、私たちのソリューションを使用することによって、消費者一人ひとりにあてたメッセージを届けて消費者と個人的なつながりを作り、ブランドへの愛着心を構築できるのです」


DataLaseのインライン・デジタル・プリンティングを用いたソリューションは、商品やパッケージの充填や梱包工程、または使用時点において即時性の高いマーケティングを行う能力を提供することによって、この構想を完全なものにします。高解像度の画像やロゴ、そして対象となる顧客層に向けた可変情報を、パッケージ上にレーザーで印字することが可能です。


DataLaseの米州事業開発部門のバイスプレジデントであるChuck Pembleは、次のように述べています。「HAVIが持つお客さまに対するビジョンは、DataLaseがグローバルで展開するソリューション戦略と一致するものでした。世界に広がる当社の組織を活用し、ソリューション展開に取り組む上で、HAVIとの提携は最適で自然なものでした」


DataLaseの技術は、商品やパッケージにおける「真のパーソナライゼーション」を可能にし、対象となる消費者に関連性のあるタイムリーなメッセージを確実に届けます。この世界唯一の技術により、個人、地域、地方といったあらゆる基準で対象を定め、完全にカスタマイズされたパッケージを作成することが現実に可能となります(※2)


(※1)特殊な発色顔料をコーティング剤にしてさまざまな素材に塗布することで、その塗布面を感熱素材に変える世界で唯一の技術です。コーティング剤を塗布した部分にレーザーマーカーで熱を加えることで商品及び段ボール、フィルム等の包装資材にダイレクトに印刷が可能です。
(※2)当初はモノクローム、続いてフルカラーの印字ソリューションを開発します。2020年のフルカラー技術導入を目指します。



■ HAVI Groupの詳細はhttps://www.havi.com/ よりご覧下さい。


■ DataLase Ltd. 概要
設立: 1987年
所在地: 英国チェシャー州
代表者: Christopher Wyres
事業内容: レーザーによるマーキング原料の開発・製造・販売


■ サトーホールディングス株式会社 概要
創業: 1940年 (設立:1951年)
所在地: 東京都目黒区下目黒1丁目7番1号
資本金: 84億円(2017年3月31日現在)
代表者: 代表取締役社長兼CEO 松山一雄
年商: 連結1,063億円(2017年3月期)
従業員数: 連結5,012名(2017年3月31日現在)


サトーグループについて
サトーグループは、バーコード、2次元コード、RFIDなどを利用した自動認識ソリューションや、それらと新素材事業との融合によるシナジーを追求し、世界90カ国を超えるお客さまに提供します。時代の変化をとらえて自らを変化・進化させてきたサトーは、「自動認識ソリューションで世界ナンバーワンになること」および「変わりゆく社会から必要とされ続け、最も信頼される会社になること」をビジョンに活動しています。あらゆるモノがネットワークにつながり、消費者の価値観も多様化する社会において、サトーはお客さまの現場で人・モノ・情報の「最後の1cm®」を効果的につなぎ、「正確・省力・省資源・安心・環境・感動」という価値を創出してまいります。

ページの先頭へ