• ホーム>
  • Topics>
  • 2017年>

Topics

JBCC、サトー、セイノー情報サービスの3社が協業
「俺のクラウド」に物流現場の働き方改革を支援する新サービス

JBCC株式会社
JBCCホールディングス株式会社
株式会社サトー
株式会社セイノー情報サービス


JBCCホールディングス株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:山田 隆司)の事業会社でJBグループ(*1)の中核事業会社であるJBCC株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:東上 征司、以下JBCC)と、株式会社サトー(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:小瀧 龍太郎、以下サトー)、株式会社セイノー情報サービス(本社:岐阜県大垣市、代表取締役社長:鳥居 保徳、以下セイノー情報サービス)の3社は共同で、物流現場の働き方改革を支援するサービスを「俺のクラウド」(*2)で本日より提供することを発表します。


インターネット通販市場の拡大などにより物流量は急激に増加し、物流現場では慢性的な人員不足、長時間労働が課題となっています。
物流業界における問題の解決を目指し、数多くの業務開発の実績があるJBCCと、西濃運輸のグループ会社として培った業務知識や技術で物流ITサービスを提供するセイノー情報サービス、現場で人やモノの動きと情報をつなぐ自動認識ソリューションを手掛けるサトーの3社がそれぞれの強みを活かし、JBCCのEcoシステムクラウドサービス「俺のクラウド」のラインナップに、セイノー情報サービスの倉庫管理システム「SLIMS」と、サトーの庫内業務改善ソリューション「Visual Warehouse」を新たに加え、運用付きクラウドサービスとして提供します。既にサービス中の「NX販売支援」とも連携し、受注処理から入出荷作業まで、物流業務をトータルにサポートします。


これらのサービスを活用することで、業務プロセスの最適化や作業の標準化を実現し、業務経験に依存しない多様な人材活用を可能にします。また、適材適所の人員配置、作業の属人化の排除、省人化実現にも寄与し、物流現場における働き方改革に貢献します。


「俺のクラウド」では、多様な雇用形態に対応した勤怠管理サービスから、AIを活用した業務支援ソリューションまで幅広いサービスを用意しており、物流現場の業務改革をトータルでサポートします。
俺のクラウド 提供サービス一覧: https://orenocloud.tokyo/sol/



20171219_1.jpg


■NX倉庫管理について https://orenocloud.tokyo/sol/nxwms.html

  • セイノー情報サービスの倉庫管理システム「SLIMS」をクラウドサービスとして提供
  • リアルタイムな作業進捗管理と物流センターのマネジメントが可能
  • 誰もが一定の作業品質で入出荷業務の遂行を支援

【販売価格】:1サーバー、月額15万円 ※月次出荷明細 10,000件迄(超過件数は別途費用発生)



■NX倉庫ナビについて https://orenocloud.tokyo/sol/nxvw.html

  • サトーの庫内業務改善ソリューション「Visual Warehouse」をクラウドサービスとして提供
  • 入出荷作業の最短経路を「画像の指示」と「音声」でナビゲーション
  • 誰もが最適なピッキング動線での作業を可能にし、流動的な要員の即戦力化を支援

【販売価格】:1サーバー、月額30万円~ ※対応エリアは別途相談 iPod touch 1台、月額2万円(レンタル)



JBCCとサトー、セイノー情報サービスは、イベントやセミナー等のプロモーション活動を共同で実施する他、具体的な提案等、セリング活動も協力して行います。JBCCは、今後も業種や業務に特化したパートナー企業との連携を強化、「俺のクラウド」のサービスメニューを拡充し、2018年度末までに4,000社のお客様へのクラウドサービスの提供を目指します。


(※1)JBCCホールディングス株式会社及び事業会社の総称。 「( https://www.jbcchd.co.jp/corporate/group/ )
(※2)「俺のクラウド」は、JBグループとパートナー企業がお互いの技術を活かしながら、クラウド基盤の構築からソリューション、運用まで、お客様に必要なものを最適な形で提供するEcoシステムクラウドサービスです。


■株式会社サトー 概要
所在地: 東京都目黒区下目黒1丁目7番1号
資本金: 40億円(2017年3月31日現在)
代表者: 代表取締役社長 小瀧 龍太郎
事業内容 :プリンタ、ハンドラベラー等のハードウェア商品およびサプライ商品の販売、保守


サトーグループについて
サトーグループは、バーコード、2次元コード、RFIDなどを利用した自動認識ソリューションや、それらと新素材事業との融合によるシナジーを追求し、世界90カ国を超えるお客さまに提供します。時代の変化をとらえて自らを変化・進化させてきたサトーは、「自動認識ソリューションで世界ナンバーワンになること」および「変わりゆく社会から必要とされ続け、最も信頼される会社になること」をビジョンに活動しています。あらゆるモノがネットワークにつながり、消費者の価値観も多様化する社会において、サトーはお客さまの現場で人・モノ・情報の「最後の1cm®」を効果的につなぎ、「正確・省力・省資源・安心・環境・感動」という価値を創出してまいります。

ページの先頭へ