Topics

社長兼グループCEO 就任のご挨拶

平素より、私どもサトーグループをお引き立ていただき、誠にありがとうございます。
4月1日よりサトーホールディングス株式会社 代表取締役社長兼CEOに就任致しました小瀧龍太郎(こたき りゅうたろう)でございます。


サトーグループ約5,000名の社員と共に、社是でもある「あくなき創造」の精神の下、日々お客さまの「正確・省力・省資源」、「環境保全」、「安心」、「感動」といった価値の創造に取り組んでいます。そして本業を通じ、より豊かで持続可能な社会の発展に寄与することで、お客さまから最も信頼され、変わりゆく社会においても必要とされ続ける存在となることを目指してまいります。


私どもの事業領域は、人・モノ・情報の「最後の1cm®」をタギングでつなぎ、情報を必要とする人(モノ・仕組み)に届けることで、社会に貢献することです。その原動力となるのが、サプライチェーンのさまざまな現場において、一件ごとに異なるお客さまの課題の本質を正しく捉え、その解決策をご提案するサトーグループの「現場力」です。第4次産業革命と言われている昨今こそ、モノと情報を紐付ける「情物一致」を現場で誰かが行わなくてはなりません。そこを誰よりもしっかりと担うのが私どもであり、社会に果たす役割と認識しています。


私は長く国内事業の第一線で現場に携わってまいりました。国内市場においては、徹底したお客さま志向と現場力、チームワークを武器とした自動認識の総合ソリューションに強みを持ち、近年はオープンイノベーションや戦略的アライアンスにより、新たな付加価値の創出に全力で取り組んでいます。私は成熟化したと言われる国内市場においてもまだまだ成長の種がたくさんあることを肌で感じてまいりました。私に課せられた使命は、この国内事業で培った徹底したお客さま志向を大きな潜在成長力を持つ海外市場にも広げ、グローバルレベルでオンリーワンの強さを持った企業へとサトーを成長させることです。


私どもは、まず「持続可能な成長力と収益基盤の確立」を目指してまいります。この着実な実行のために、私は「凡事徹底・挑戦・連携」を新たな経営方針として定めました。
「最後の1cm®」をつなぐには、お客さまの視点に立って真の課題を探り、社内外を巻き込んで解決策を提案・実行する、そのためになすべきことを着実に徹底することが大切です。小さな変化や達成の積み重ねの先にこそ、非凡な成果があります。当たり前のことを他がまねできないレベルまで極めていく、その決意を「凡事徹底」という言葉に込めました。そして社是「あくなき創造」の精神で、世界中の一人一人の社員が常に新しい考えや新しい付加価値を追求していく「挑戦」をいとわずに、部門や国境も超えたチームとして「連携」することで、お客さまと社会のご期待に応え、必要とされ続ける存在となれるよう、まい進してまいります。


今後ともサトーグループに対して、引き続きご支援とご指導を賜りますよう、心よりよろしくお願い申し上げます。


サトーホールディングス株式会社
代表取締役社長兼CEO
松山 一雄


■ サトーホールディングス株式会社 概要
創業: 1940年 (設立:1951年)
所在地: 東京都目黒区下目黒1丁目7番1号
資本金: 84億円(2017年3月31日現在)
代表者: 代表取締役社長兼CEO 小瀧龍太郎
年商: 連結1,063億円(2017年3月期)
従業員数: 連結5,012名(2017年3月31日現在)

サトーグループについて
サトーグループは、お客さまの現場を止めない、また改善し続けるためのワンストップの自動認識ソリューションを、世界90カ国を超えるお客さまに提供します。時代の変化を捉えて自らを変化・進化させてきたサトーは、「変わりゆく社会から必要とされ続け、最も信頼される会社になること」および「自動認識ソリューションで世界ナンバーワンになること」をビジョンに活動しています。あらゆるモノがネットワークにつながり、消費者の価値観も多様化する社会において、サトーはお客さまの現場で人・モノ・情報の「最後の1cm®」を効果的につなぎ、「正確・省力・省資源・安心・環境・感動」という価値を創出してまいります。

ページの先頭へ