Topics

平成31年度 知財功労賞「特許庁長官表彰」を受賞

サトーホールディングス株式会社

サトーホールディングス株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長兼CEO:小瀧龍太郎、以下 当社)は、経済産業省 特許庁が表彰する平成31年度「知財功労賞」における「特許庁長官表彰」を受賞しました。

知財功労賞とは、経済産業省 特許庁において知的財産権制度の発展および普及・啓発に貢献のあった個人および、制度を有効に活用し円滑な運営・発展に貢献のあった企業等を選出し表彰するものです。本日、平成31年度の受賞者が発表され、当社は知的財産権制度活用優良企業等表彰として「特許庁長官表彰」を受賞しました。

受賞のポイントは以下の通りです。

  • 業務のデジタル化が進むさまざまな産業において、データ入力・収集の手段となるバーコードやICタグを発行するプリンタを製造。多数の特許で独自技術を保護し、世界トップレベルのシェアを確保している。特許は創業者の時代から強く意識しており、創業者の教えをまとめた「サトーの教育書」の「特許編」では、知財の基本的事項や知財事案をわかりやすく整理しており、その他の知財情報と共に社員に共有し、特許に関する活動の奨励に活用している。
  • 知財部門は社長直轄で、経営会議への審議の上程とは別に、社長に対して知財に関する月例報告会を実施しており、その中で知財の重要事項について方針を決めることも多い。5年前から知財マネジメントの近代化を推し進めており、「知的財産長期基本戦略」をまず定め、中期経営計画の達成に貢献するための「知的財産中期事業計画」を策定している。また、毎年「知的財産報告書」を和文と英文で作成し、国内外の社員と共有した上で、知財活動をレビューしている。
  • 知的財産室長、パテント・ポートフォリオ・マネジャー、担当者ほか、必要なメンバーが集まり、最低週2回、年100回以上の知財に関する検討会を開催している。また、お客さま価値につながる特許の取得を念頭に権利化業務を推進した結果、特許の実施率が4年間で30%向上した。

当社グループは、社是である「あくなき創造」の精神の下、世界で初めてハンドラベラーや熱転写式バーコードプリンタといった商品を発明し、現在はメーカーにとどまらず幅広い自動認識ソリューションのプロバイダーとして、お客さま価値の向上に努めています。

今後も、お客さまの現場の課題を解決するための創意工夫から生まれる「モノづくり」や「コトづくり」の発明において、知的財産の創造・保護・活用に努め、企業として成長するとともに、より豊かで持続可能な世界社会の発展への貢献を目指してまいります。

ページの先頭へ