Topics

第6回鉄道技術展に出展します

20191021_logo.png

サトーはこの度、第6回鉄道技術展に出展します。
ブースでは、従来のバーコードやQRコードに加え、昨今、運用の幅が広がっているRFIDなどを活用した「自動認識技術」で、「保線・保全」から「旅客・運輸」まで、鉄道に関わるさまざまな現場での効率化・自動化をご提案します。
皆さまにおかれましてはご多用とは存じますが、ぜひ弊社ブースにお立ち寄りくださいますよう、ご案内申し上げます。

【展示会概要】

第6回鉄道技術展
主催 フジサンケイ ビジネスアイ
会期 2019年11月27日(水)~11月29日(金)
10:00~17:00
会場 幕張メッセ 5~8ホール
サトーブース 5ホール b-14
公式サイト https://www.expo-form.jp/mtij2019/entry.php

【出展予定製品】

保線・保全向けソリューション

RFIDでの工具・治具の資産管理や、音声認識技術による設備点検の効率化など、安全運航を支えるお客さまの現場作業をより正確かつ効率化します。
RFID資産管理についてはこちら

旅客・運輸向けソリューション

増加する訪日客への多言語アナウンスシステムや、適正な管理が必要な遺失物対応、駅構内の係員配置の適正化など、旅客サービス向上につながるソリューションをご紹介します。
インバウンドソリューションはこちら

展示会来場者バッジ発行にサトーのSCeaTaが採用されました!

10月にリリースした新コンパクトプリンタ「SCeaTa(シータ)CT4-LX」が、来場者バッジの発行プリンタとして採用されています。
QRコードをかざすだけで簡単に入館バッジが発行できます。ぜひ展示会場入口の発行カウンターでお試しください。

「SCeaTa(シータ)CT4-LX」についてはこちら

当製品・ソリューションに関するお問い合わせ

ページの先頭へ