1. ホーム

日本酒の品質安定・流通管理と販売促進がより容易に

日本酒業界の課題をサトーがトータルサポート

日本酒の在庫管理、偽造品・転売や温度管理起因による商品品質劣化、消費者を惹きつける販促…
そのお悩み、サトーが解決します!

課題とサトーの解決策

課題1
在庫管理に手間がかかっている
サトーなら
RFIDタグにより正確なロケーション管理が実現

製造した日本酒の瓶を格納する際、ケースに取り付けたRFID タグと日本酒の情報を紐付けます。それらをRFIDタグ付きのパレットに積載することで、ケース単位やパレット単位での所在確認が容易になります。
出荷のためのロケーション把握も簡便。誤出荷防止にも役立ちます。

課題2
偽造品の横行や非正規ルートによる転売でブランド力の低下が懸念される
サトーなら
瓶にRFIDタグを貼り付け、流通経路の「見える化」で不正を防止

取得できるシステムを構築。情報が取得できない製品は偽造や、不正転売を経たものとして区別できます。トレーサビリティが可能になることで、それらの販売を行う業者に対して問題提起することができ、偽造や不正転売の抑制につながります。また個品管理も可能です。

課題3
ラベルデザインを一新したい
サトーなら
お客さまのご要望を詳しくヒアリングし、オリジナルのデザインをご提案します

新たな銘柄の開発や、新規購買層へのアプローチなどをお考えの場合、市場や購買層を調査・考慮したラベルのデザインを新たにご提案します。
商品ラベルにRFID機能を加えることで、別途貼り付けの工程が発生せず、デザインの一新と機能追加を同時に行うことができます。

課題4
日本酒の情報を正確に伝え、拡販につなげたい
サトーなら
飲み比べの酒器にNFCタグを取り付け、日本酒の情報をお客さま自身が取得可能

酒器の底にNFCタグを付け、注ぐ日本酒それぞれの情報を登録することで、お客さま自身が興味を持った日本酒の情報をスマートフォンで閲覧することができます。日本酒をより楽しめると同時に購入サイトをご案内することで、更なる販売促進にもつながります。
「LogBiz-Thermo」の温度ロガータグでも商品情報の入力や対応するスマートフォンによる読み取りが可能です。

課題5
消費者へ最も美味しい状態で商品を届けたい
サトーなら
温度ロガータグを商品に貼り付け、流通過程での定温管理を徹底(LogBiz - Thermo)

温度ロガータグの情報を読み取ることで、流通過程での位置情報と温度情報がクラウド上で確認できます。一定温度での輸送や在庫が徹底されることで、日本酒の味を損なうことなく消費者へ届けることが可能になります。

適切な温度管理で、日本酒の品質を保持「LogBiz-Thermo」

RFID温度ログ管理ソリューション「LogBiz-Thermo」は、商品にRFID 温度ロガータグを貼り付けるだけで、温度の記録や位置情報の履歴確認が可能です。 ご用意いただくものは、インターネット回線とスマートフォンだけ。
スマートフォンをかざすだけの簡単な記録方法なので、システム導入時の教育コストを抑えることができ、簡単導入・簡単運用できます。

RFID温度ログ管理ソリューション「LogBiz-Thermo」について

  1. 記録を開始すると一定の間隔で温度データを取得し続け、そのデータをタグ内に記録します。記録回数は最大4864回。食品管理で標準的に使用される測定間隔である15分の場合は、50日16時間(2カ月弱)の記録が可能です。測定間隔はカスタマイズでき、最大約18時間、最小1分です。
  2. スマートフォンのNFCリーダー機能を使って温度データを読み取るため、専用のリーダーが不要です。

    スマートフォン用の読取りアプリは無償提供。

  3. スマートフォンの通信機能で温度データをクラウド・サーバーに送信します。送信したデータは、スマートフォンでもパソコンでも閲覧できます。
  4. スマートフォンで読取り操作を行った際のGPS機能による位置情報も記録可能です。
  5. 使い捨て出来る価格帯のため、バッテリー消耗後はRFIDラベルごと新しい商品に取り換えることが容易です。従来の使いまわすタイプの温度ロガーと比べて、校正費用の大幅な低減が可能です。

    標準器を用いて温度測定器が表示する値と真の値の関係(誤差)を求めること。校正を受けることによって、測定機器は信頼性を維持できます。

「LogBiz - Thermo」製品仕様

測定可能温度 -35℃~+50℃(温度取得精度:±0.5℃)
温度記録可能回数 最大4,864レコード
温度記録時間 15分間 間隔測定の場合 50日16時間
18時間 間隔の場合 約1年間
温度記録間隔・精度 最小1分、最大65535秒(約18時間)・時間精度(RTC) ±2%
データ取得開始が設定可能な時間 最小1分、最大65535秒(約18時間)
RFID通信規格

温度データが通信できるのはNFCのみ

NFC 13.56MHzISO/IEC 14443
Type A NFC Type-2規格
通信距離NFCスマートフォン使用:約2㎝
(機種により異なります。)
UHF 840~960MHzISO/IEC 18000-6
EPC Global C1G2 V1.2.0
通信距離-18dBm 通信距離換算:約10m
外形寸法 100×50×1mm ラベル表面基材:白PP100μm
許容曲げ半径 60mm
アプリ動作OS Android8.0以上 iOS14(iPhone7)以上
電池寿命 温度データ取得開始後、1年間(ただし、使用環境により異なります。)
電池種類 マンガン電池ベースのペーパーバッテリーを採用。RFIDタグとバッテリーの分別廃棄に対応
使用環境温度 -35℃~+50℃
使用環境湿度 20~90%RH
データ保存期間 10年
  • Androidは、Google LLC.の商標です。
  • iOSは、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
  • iPhoneは、米国およびその他の国で登録されたApple Inc.の商標です。
  • その他記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

サトーのソリューションが解決します!

課題解決のためのリーフレットを見る

当ソリューションに関するお問い合わせ

0120-226310

お客さまヘルプデスク24時間365日