• ホーム>
  • ソリューション>
  • イオンリテール様が着実にHACCP対応を行いながら、月間122時間の作業を削減!その衛生管理手法とは?

フォーム登録者限定コンテンツ

イオンリテール様が着実にHACCP対応を行いながら、
月間122時間の作業を削減!その衛生管理手法とは?

国際的に推奨されている衛生管理手法であるHACCPが、改正された食品衛生法によって制度化されます。これまでも食品製造業では多くの事業者がHACCPへの対応を進めてきましたが、食品小売や弁当販売などの事業者にも食品製造業に近い対応が求められます。HACCPに対応するための衛生管理データの記録や保存作業は手間がかかり、ヒューマンエラーも招きかねません。これらの課題を解決する方法を、業界大手のイオンリテール様が他社に先駆けて取り組んだ事例をもとに探ります。

【 HACCP対応の背景 】

食品衛生法の改正に伴い、食品小売業でもHACCP対応が必要に

HACCPとは国際的に推奨される食品衛生管理手法です。2018年に公布された食品衛生法改正にHACCPの制度化が盛り込まれたことで、食品を取り扱う事業者の関心が高まっています。事業者のタイプにより求められる基準には2種類あり、一般食品製造業にはHACCPの考え方に基づいてHACCPの7原則12手順をすべて実施することが求められています。一方、食品小売、弁当販売などの事業者にも、食品製造業の基準に準じて定められた「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」が求められ、これまでになかった対応も必要になると考えられます。

消費者の動向に目を向けると、働く女性や高齢者の増加などに伴い、人々のライフスタイルが変化しています。スーパーマーケットでは、調理の手間や時間をかけずに、必要な分だけ購入できる総菜の需要が増えています。その背景のもと小売業界が総菜に力を入れていく上で、HACCPへの対応がより重要になるという声も聞かれます。

手間と時間がかかる衛生管理データの記録・管理

HACCPは食品製造の過程で食の安全を確保するための手法ですが、事業者には衛生管理対策を実施するだけでなく、実施したことを記録し、保存するための方法を設定することも求められます。

イオンリテール様は食品販売において、HACCPに対応した運用管理を徹底してきました。その運用の中で、「冷蔵・冷凍ケースの温度管理」、「店内調理品の加熱調理記録」、「従業員の体調チェック」の3点について、より正確で効率的な方法の必要性を感じていました。これらのデータの記録は手書きで行われており、記入ミスや記入漏れのリスクがありました。また、データの保存は紙媒体で行われていたため、保存の手間や保管場所の確保といった課題にも頭を悩ませていました。

続きは、フォームにご記入の上ご覧ください。

・主な内容

イオンリテール様が抱えていた課題
新しい衛生管理手法
導入効果 など

・全文を掲載したPDFのダウンロード

もできます。

必須
部署
必須
必須
必須
必須

(半角でご入力ください)

ご興味についてお答えください必須
  • 商品のデモが見たい
  • 導入事例・活用シーンについて詳しく聞きたい
  • 運用動画を見たい
  • 価格を知りたい
  • 情報収集したい
  • その他
今後希望される情報をお答えください
  • 食品衛生法(HACCP)対応
  • 食品表示法対応
  • 消費税対応
  • 店舗での価格・賞味期限の間違い防止
  • その他
その他コメント

・お申し込みの際には、サトーホールディングス株式会社の「個人情報の取り扱いについて」を必ずお読みください。

ページの先頭へ