• ホーム>
  • ソリューション>
  • 自動化設備を正常に稼働させるために欠かせないメンテナンス部品の管理。RFID活用のメリットとは?

フォーム登録者限定コンテンツ

自動化設備を正常に稼働させるために欠かせない
メンテナンス部品の管理。RFID活用のメリットとは?

自動化が進む工場内の設備を正常に稼働させるために欠かせないものの一つがメンテナンス部品ですが、人手不足が深刻化する現状では、このような部品の管理や棚卸しにかかる工数が負担となっているのが実状です。
「しっかり正確に管理したい、でも、そこに多くの人手はかけられない…」というのが、メンテナンス部品の管理に関わる、設備管理部や生産技術部などのご担当者さまのホンネなのではないでしょうか。
では、工場での部品・備品の管理や棚卸しを効率化するには、どうすればよいのでしょうか?その課題と解決策を探ります。

【 課題 】

メンテナンス部品が正確に管理できていないと、
欠品によって、設備の稼働を止めてしまうことに…。

人手不足を背景に工場の自動化が進んでいます。自動化設備は、点検や部品交換などのメンテナンスが必須になりますが、部品の在庫管理の不備により必要な部品が欠品していると、設備の稼働が止まる事態になってしまいます。
また、メンテナンス部品に限らず備品なども含めた工場内の資産は、会計法上厳密な在庫管理が求められます。
工場内の部品や備品は、種類が多く、見分けがつきづらい類似品も多くありますが、類似品の違いを見分けることができる熟練社員には既に業務が集中しているケースも多く、在庫の管理や棚卸しを正確に行うのは容易ではありません。

部品の管理には非常に手間がかかり、棚卸しは6人がかりで2週間を要することも。

多くの工場では、数千点から十数万点ものメンテナンス部品が存在します。その棚卸し作業は多くの場合、正確性を保つために、台帳を片手に2人1組で一つ一つの部品を確認する方法が取られており、多大な工数がかかっています。
バーコードを導入した場合でも、一つ一つの部品をスキャンして管理するのは効率的だとは言えません。
なかには、棚卸しに6人がかりで2週間を費やすケースもあります。人手不足のなか、特に12月などの繁忙期に棚卸しが重なれば他の業務を圧迫することにもなります。
さらに、部品の入荷と消費だけではなく、持ち出し部品の行き先や返却についても管理する必要があり、現場には大きな負担がかかっています。

解決方法の一つとしてRFIDを検討しているが実際の効果はどうなのか?

このような工場での部品や備品の在庫管理・棚卸しを効率化するために、RFIDの活用を考える企業は少なくありません。しかし、実際にRFIDはどのように活用できて、どのくらいの効率化ができるか、また、自分たちの環境にどのくらいマッチするのか、導入に時間がかかるのではないか、といった点も気になる課題となっているようです。

RFID活用のメリットとは?
続きは、フォームにご記入の上ご覧ください。

・主な内容

RFID活用の3つのメリット

・全文を掲載したPDFのダウンロード

もできます。

必須
部署
必須
必須
必須
必須

(半角でご入力ください)

ご興味についてお答えください必須
  • 商品のデモが見たい
  • 導入事例・活用シーンについて詳しく聞きたい
  • 価格を知りたい
  • 情報収集したい
  • その他
今後希望される情報を
お答えください
  • 食品衛生法(HACCP)対応
  • 食品表示法対応
  • 食品製造の出荷段階での自動化
  • 食品製造での無駄削減
  • 外食での食材管理
  • RFIDによる資産管理
  • その他
その他コメント

・お申し込みの際には、サトーホールディングス株式会社の「個人情報の取り扱いについて」を必ずお読みください。

ページの先頭へ