• ホーム>
  • ソリューション>
  • “期限切れ食材”を使わせない!ヒューマンエラーが起こりやすい食材の日付管理を正確かつ効率的に行うには?

フォーム登録者限定コンテンツ

“期限切れ食材”を使わせない!
ヒューマンエラーが起こりやすい食材の
日付管理を正確かつ効率的に行うには?

2020年からHACCP対応が義務化します。準備は万全ですか?

外食・食品小売の現場にひそむキケン。それは食中毒です。食中毒を発生させないためには、菌を「付けない・増やさない・正しく退治する」が必須3原則。そのためには、賞味期限や使用期限を過ぎた食材の使用リスクを排除することが不可欠です。
2020年6月、すべての食品等事業者に対して、原則、国際基準であるHACCPに対応した衛生管理が義務化されます。2021年6月までには対応を完了させる必要があり、早急な対策が迫られています。
しかし、外食産業や食品小売の厨房(ちゅうぼう)は、慢性的な人手不足。より正確で効率的な食材の日付管理を行いたくても、お客さまサービスに手一杯で、煩雑なシステム導入や周辺機器の操作が難しい状況にあります。

期限切れ食材を使う原因となる“4つの危険シーン”とは?

“期限切れ食材”を使わせないためには、外食や小売の店舗や本部など、さまざまな場面に応じた対策が必要です。当ホワイトペーパーでは、特にリスクの高い“4つの危険シーン”を取り上げ、それらのリスクと対策をご紹介します。

外食や小売などで、食品の品質管理、店舗運営、商品企画に携わる皆さまにお役立ていただける内容となっております。ぜひこの機会にご覧ください。

続き(“4つの危険シーン”と対策)は、
フォームにご記入の上ご覧ください。

・主な内容

リスクの高い4つのシーン別解決策
<コラム>食品廃棄物の削減の法令化とその影響

・全文を掲載したPDF
・スーパーマーケット・トレードショー2020でのデモの内容

もご覧いただけます。

必須
部署
必須
必須
必須
必須

(半角でご入力ください)

ご興味についてお答えください必須
  • 商品のデモが見たい
  • 導入事例・活用シーンについて詳しく聞きたい
  • 価格を知りたい
  • 情報収集したい
  • その他
今後希望される情報を
お答えください
  • 食品衛生法(HACCP)対応
  • 食品表示法対応
  • 食品製造の出荷段階での自動化
  • 食品製造での無駄削減
  • 外食での食材管理
  • その他
その他コメント

・お申し込みの際には、サトーホールディングス株式会社の「個人情報の取り扱いについて」を必ずお読みください。

ページの先頭へ