• ホーム>
  • 保存温度変更ラベル貼り付け、手作業では限界。作業員の負担を減らすための2つのポイントとは?

フォーム登録者限定コンテンツ

保存温度変更ラベル貼り付け、手作業では限界。
作業員の負担を減らすための2つのポイントとは?

近年コンビニエンスストアを中心に取扱量が増加しているチルド商品の多くは、冷凍されていた商品を解凍して冷蔵保存に変更してから小売店に納品されています。温度帯変更時には、消費者庁の法規で保存温度変更の記載が義務付けられており、そのラベル貼り付けはほとんどの場合手作業で行われています。

0℃~5℃の倉庫という過酷な環境で作業を行う必要があり、またチルド商品はトレンドやキャンペーンの影響で取扱量の変化が大きいため、人員の確保が難しいことが課題となっています。

保存温度変更ラベルの貼り付け作業の現場では、どのようなことが課題として発生しているのでしょうか?

【 課題 】

人員不足、手作業によるミス、かさむ人件費。
しかし、改善策が見つからない…。

食品ロスを抑えるため、コンビニエンスストアなどでは、賞味期限の長いチルド商品の取り扱いを増やしており、その種類は、サラダチキンなどの加工肉、中華まん・ピザなどの加工食品、シラスなどの水産加工品、ロールケーキなどのデザート類など、多岐にわたります。

生産した後でいったん冷凍し、のちに解凍して出荷されるチルド食品の場合、解凍した時点で賞味期限が変わるため、保存温度変更ラベルを貼り付ける必要があります。

現在、このラベル貼り付けの作業を人海戦術で昼夜を問わず行っている倉庫が多くあります。

冷凍倉庫・冷蔵倉庫内での作業という労働環境なので人員確保は難しく、またチルド商品はトレンドやキャンペーンの影響で取扱量の変化も大きいため、人員を取扱量に応じて調整するのも困難です。また人員をかき集めたとしても、不慣れなことにより貼り忘れなどのミスが発生し、ミスによって納入先にも迷惑を掛けてしまうという、負の連鎖に悩まされている責任者・経営者の方が多いのが実情です。さらに、手作業であるがゆえ、作業者の熟練度により作業スピードにバラつきが出ることも問題になっています。

現場からは「手作業で対応するのは限界!」という声があがっています。

続き(改善方法)は、フォームにご記入の上ご覧ください。

・全文を掲載したPDFのダウンロード
・活用シーン動画視聴
もできます。

必須
部署
必須
必須
必須
必須

(半角でご入力ください)

ご興味についてお答えください必須
  • 導入事例・活用シーンについて詳しく聞きたい
  • 商品のデモが見たい(場所はサトー大宮支店または関西支社となります)
  • 価格を知りたい
  • その他
その他コメント

・お申し込みの際には、サトーホールディングス株式会社の「個人情報の取り扱いについて」を必ずお読みください。

ページの先頭へ