• ホーム>
  • 保管密度の高い倉庫で、商品探しなどの手間と作業負担を減らすには?

フォーム登録者限定コンテンツ

保管密度の高い倉庫で、商品探しなどの手間と
作業負担を減らすには?

人手不足は物流の現場でも大きな課題となっており、人員確保はますます難しくなるばかり。さらには働き方改革の推進により、作業者の負担を軽減するための環境改善は急務となっています。
そんな状況下において、物流の現場で今、どんなことが課題となっているのでしょうか?

【 課題 】

非効率性の課題

保管密度が高く、倉庫内は混沌とした状態。
探している商品が見つからない。

人手不足とは反比例して、物流倉庫で取り扱う物量は増加する一方で、さらには、物流に求められるスピードも高速化しているのが実情です。

フリーロケーションの場合、多くの物量をさばくために保管効率を重視し、倉庫内やストックエリアに多くの商品を詰め込めば、当然、商品管理は煩雑になります。また、固定ロケーションの場合でも、トラックから降ろして格納する間に、仮置きした商品が行方不明に…なんていう事態も起きているのではないでしょうか。

それぞれの倉庫に専任の担当者が就く冷凍倉庫では、庫内の商品配置を把握している担当者が休暇を取ると、どの商品がどこにあるのかわからない…という事態に。また、休暇中に他の担当者が作業すると、休暇明けには、格納場所を探すこと、出荷する商品を探すことに多くの時間を費やす、という問題も起きています。

このように倉庫内での「商品探し」による非効率性が課題となっています。

作業負担の課題

手作業での商品管理による作業負担は大きく、業務が遅延。

多くの物量をスピーディーにさばくことを、不足した人員で担おうとすれば、一人当たりのタスクは多くなり、一つ一つの作業に忙殺される状況が生まれます。

例えば、商品とロケーションを紐づけるための作業では、商品に付いている商品コードと格納場所のロケコードを手動でスキャンする方法がありますが、この作業では、担当者は毎回、フォークリフトから降りてスキャン作業をする必要があります。また、スキャン作業ではハンディターミナルを使うため、両手を使えないことが生産性向上の妨げにもなっています。働き方改革が求められる今、このような「作業負担」は大きな問題です。

作業負担が大きくなると、作業の精度やスピードが落ちたり、事故が起きたりといった問題にもつながるため対策が急務となっています。

【改善のポイントとなるのは…】

さまざまな課題を抱えたこのような状況を改善し、倉庫内業務の効率化をはかるためには、倉庫内の状況や人の動き、課題を可視化して把握する必要があります。

■改善ポイント① モノの所在の把握
商品を探す時間を削減するだけでなく、倉庫の積載効率の課題や作業のムダを明らかにするためにも、商品の所在をリアルタイムに管理することが重要なポイントとなります。
■改善ポイント② 人の動きの把握
倉庫内での作業者の動きを把握することは、作業動線を把握しピッキング効率などの問題点を特定、最適化したり、倉庫内での事故のリスクを下げたりするための基本情報となり、改善のための二つ目のポイントといえます。

【導入時の課題となるのは…】

現場環境と導入コストの負担が、改善の妨げに

倉庫内の業務状況を可視化して把握・管理するためには、IT技術を活用した“仕組み化“がキーワードとなります。

しかし、 “仕組み化”を実現するための障壁は少なくありません。現場の責任者の方々からは、「うちの倉庫は、ネットワークの構築が難しいから…」「業務改善したい思いはやまやまだが、多額のコストがかかりそうで…」といった声が多く聞かれます。

■改善ポイント③
現場をソリューションに合わせるのではなく、ソリューションを現場に合わせる
現場にはその現場なりの課題や制約がつきものですので、現場に合った最適なソリューションを選ぶことが大切です。「ソリューションありき」で現場をソリューションに合わせようとする、という本末転倒にならないよう留意しましょう。

物流改善に必要な3つの観点

  • モノの
    所在の把握
  • 人の動きの把握
  • ソリューションを
    現場に合わせる

続き(改善方法)は、フォームにご記入の上ご覧ください。

・全文を掲載したPDFのダウンロード
・活用シーン動画視聴
もできます。

必須
部署
必須
必須
必須
必須

(半角でご入力ください)

ご興味についてお答えください必須
  • 導入事例・活用シーンについて詳しく聞きたい
  • 価格を知りたい
  • その他
その他コメント

・お申し込みの際には、サトーホールディングス株式会社の「個人情報の取り扱いについて」を必ずお読みください。

ページの先頭へ