• ホーム>
  • ラベルの用途ごとに機器を用意しているので、店舗にはいろいろな機種が…管理・運用コストを削減するには?

フォーム登録者限定コンテンツ

ラベルの用途ごとに機器を用意しているので、
店舗にはいろいろな機種が…
管理・運用コストを削減するには?

スーパーマーケットの慢性的な悩みとなっているのが人手不足です。日常業務を行うなか、ラベルプリンタの運用や保守が隠れた負担となっていないでしょうか。用途ごとに異なるラベルプリンタを使っていることでスタッフが操作方法を覚えるのに時間がかかったり、故障時に業務に支障が出たりすることがあるという声も耳にします。これらの課題にどのように対応すべきか、その解決策を探ります。

【 課題 】

何機種ものラベルプリンタを使っているので、
使い方の教育や、管理・運用コストが負担に

スーパーマーケットで発行するラベルは食品表示ラベル、値引きラベル、農産JANラベルなど、さまざまな種類があります。これらのラベルの発行では、一般的には、複数の機種のラベルプリンタが用途に応じて使い分けられています。

用途ごとに異なるラベルプリンタが使用されていることで、次のような課題が生じていると考えられます。

運用コストがかさみ、スムーズな運用ができないケースも

多端末を使った運用の場合、機種ごとにサプライやメンテナンスの方法が異なるため、管理・運用コストがかさみます。また、用途ごとに1台しかラベルプリンタを所有していない場合は、不具合が起きるとその機種で作成するラベルが発行できないという問題も生じます。

操作方法の習得や教育に時間と手間がかかる

人手不足の背景から1人のスタッフが複数の業務を担当するケースがあります。用途ごとにラベルプリンタの機種が違うと、操作方法が異なるため、スタッフはラベル発行の方法を機種ごとに習得する必要があります。教育を担当する方にとっては時間と手間のかかる仕事となっているのではないでしょうか。

計量器付きラベルプリンタは用途が限定され、コストがかかる

計量器付きラベルプリンタがあれば、計量商品の販売数の変動に柔軟に対応できます。例えば、天気によって需要が見込みと変わりそうな場合、プロセスセンターからの仕入れだとその日の状況に応じた対応ができず、商品不足や廃棄ロスが起きてしまうこともあり得ます。店舗に計量器付きラベルプリンタがあれば、需給を見極めながらバックヤードで商品を小分けしてパッキングし、最適な数量の商品を用意することができます。しかし一般的に計量器付きラベルプリンタは高価です。全商品に占める計量商品の割合は7%程度といわれていることを考えると、用途が限定される機種を多く用意するのは割高とも考えられるのではないでしょうか。

続き(改善ポイント)は、
フォームにご記入の上ご覧ください。

■主な内容

・管理・運用コストを削減する3つのポイント
・具体的な改善策

■全文を掲載したPDFのダウンロードもできます。

必須
部署
必須
必須
必須
必須

(半角でご入力ください)

ご興味についてお答えください必須
  • 商品のデモが見たい
  • 導入事例・活用シーンについて詳しく聞きたい
  • 価格を知りたい
  • 情報収集したい
  • その他
今後希望される情報をお答えください
  • 食品衛生法(HACCP)対応
  • 食品表示法対応
  • 消費税対応
  • 店舗での価格・賞味期限の間違い防止
  • その他
その他コメント

・お申し込みの際には、サトーホールディングス株式会社の「個人情報の取り扱いについて」を必ずお読みください。

ページの先頭へ