SATO

無料診断キャンペーン

今すぐ効率化課題をセルフチェック!

このようなことにお困りではないですか?

特許出願中 Visual Warehouseで解決できます!

Visual Warehouseとは、最短距離を「画像」と「音声」で
ナビゲーションする、教育レスな作業者支援ツールです。

経験値に依存しない生産性を教育レスで実現!

詳しくはこちら

Visual Warehouseでピッキング&格納の作業生産性UPの効果を挙げたお客様事例

詳しくはこちら

今すぐ効率化課題をセルフチェック!

御社の物流センターの効率化課題をセルフチェックしてみましょう

  • ピッキング/棚入れにフォークリフトは使用して
    いない
  • 商品・部品保管エリアが1,500~4,500m2程度で
    ある
  • 商品・部品を固定ロケーション管理で保管している
  • 1人が1回のピッキング/棚入れで作業する行数は、
    5~25行程度である
  • 売れ筋の商品・よく出る部品が固定していない
  • 繁閑期の波が大きい
  • 繁忙期には臨時の応援を必要とすることがある
  • ピッキング/棚入れの作業動線(移動経路)に、
    習熟度によって差が生じている
  • 倉庫レイアウトがわかりにくい
  • 作業動線の短縮化のためにエリア分けをしているが、効果が出にくい
  • 新人とベテランの生産性(時間当りの作業行数)に
    1.5倍以上の差がある
  • WMS/生産管理システムを導入している

このチェックリストで「7項目以上」にチェックがついたら、
ぜひお問い合わせください。

物流センターの効率UPに向けた 無料診断までの流れ

無料診断からトライアルまでの必要な書類とトライアル申込みまでの流れをご紹介します。

無料診断エントリー/お問い合わせ