SATO

コラム

コラム1:
物流現場で“人手不足”よりも注目すべき問題とは?
コラム2:
庫内の指定ロケーションまで、迷わず到着できる秘密
コラム3:事例
新人作業者の生産性を1.8倍に!
コラム4:事例
格納作業の滞留を減らし、ECサイトでの欠品を低減

Visual Warehouseコラム2

庫内の指定ロケーションまで、
迷わず到着できる秘密

独自開発!最短経路アルゴリズム ~ゴールまでの最短経路を算出できる理由~

ピッキング時の移動動線は従来、ロケーションコード(棚番)の順番通りに移動する「一筆書き順路」が一般的でした。これは、「決められたルートを一通り回れば指示された商品がピッキングできる」という、作業者のわかりやすさを重視した手法ですが、この場合、遠回りなどの無駄な移動が発生することがありました。ベテラン作業者であれば、これからピッキングまたは格納するロケーションに対し、経験則からショートカットも可能かもしれませんが、新人の作業者がスムーズに指定ロケーションまでゴールするのは簡単ではありません。

サトーが提案する経路案内ソリューションVisual Warehouseなら、作業者が端末で宣言した現在地情報と在庫の座標情報から、ゴールまでの最短移動経路を仮想マップ上で割り出し、作業者に指示を出します。

特許出願中!「碁盤の目ナビ」 ~碁盤の目ナビなら、迷わずゴールへ到着できる!~

Visual Warehouseの開発でサトーがヒントにしたのは、京都の「碁盤の目」と言われる道路区画です。東西と南北の街路が碁盤の目のように直角に交わる京都の中心市街地は、通りが整然と並んでいるため、初めて訪れた観光客でも迷うことは少ないと言われています。

Visual Warehouseでは、庫内の移動経路をシンプルに、わかりやすくナビゲーションすることを目的として、この碁盤の目区画に着想を得た「碁盤の目ナビ」を新しく開発しました。Visual Warehouseでは、東西(左右)の通路はA・B・C・D・・・と英字の名前を、南北(上下)の通路は1・2・3・4・・・と数字の名前を定義。作業者が装着するiPod touchには、英字と数字が交わる、最寄りの「交差点」を基準にしたナビゲーションが表示されます。

「C3上ル」と指示がある場合は、「C通路」を目指した後で「3通路」へ移動するだけでOKです。もう、勘も経験も必要ありません。碁盤の目ナビで直感的に移動するだけで、最短距離での移動が実現します。

腕時計のように装着するiPod touchですが、実はその画面に頼らなくてもVisual Warehouseでの作業は可能です。画面だけでなく、流れる碁盤の目ナビの音声ガイダンスを聞くことで、歩きながら、またはピッキングなどの作業をしながらでも、指示を聞いて移動できます。

また、iPod touchの画面には、「移動の先読み情報」も画面のアイコンで表示されます。この先、「Uターン」なのか「通り抜け」なのかを事前に把握することで、次のアクションの最適化が実現します。

たとえば

  • ピッキングカートで通路に進入したほうがいいのか
  • ピッキングカートを一時置きして、歩いたほうがいいのか

少々の慣れは必要としますが、アイコンを先読みすれば、さらに便利にVisual Warehouseを使いこなせます。

初日からベテラン作業員に! ~教育レスでいながら、作業生産性が劇的に向上する~

作業者の定着率悪化に伴い、担当社員が新人教育にかける時間の負荷は、数字に表すことができない程大きなロスとなっています。しかし、Visual Warehouseなら、新人作業者に使い方を10分程度レクチャーし、いくつか作業をしてもらえば、すぐにベテラン作業員と同じような庫内移動が可能となります。

  • 教育レスでいながら、作業生産性が劇的に向上!
  • 必要な時期、必要な数だけ、iPod touchのレンタルが可能!

Visual Warehouseは、新人や応援部隊、派遣社員など、庫内作業に慣れていない作業者程、Visual Warehouseによる生産性向上のメリットは大きく、結果として倉庫全体の作業生産性の平準化が実現します。

サトーが推奨する使い方は

  • ベテラン作業者は今まで通りに作業する
  • 新人や繁忙期の臨時作業者に限定してVisual Warehouseを活用する

クラウドサービスのため、繁忙期のみの導入や端末追加が可能なフレキシブルさもVisual Warehouseの大きな特長です。

ICT活用による物流現場の仕事変革セミナー
~人手不足の物流現場を変革する~

当セミナーのお申込みは締め切りました。多くのお申込みをいただき、誠にありがとうございました。

東京会場
日 時 2017年11月22日(水) 14:30~17:00(受付14:00~)
会 場 TKP品川カンファレンスセンター
定 員 100名(※予定数を超えた場合は抽選となります。予めご了承ください。)
参加費 無料
主 催 JBCC株式会社
協 賛 株式会社サトー
株式会社セイノー情報サービス
JBアドバンスト・テクノロジー株式会社
お申込みを締め切りました。
Webセミナー
日 時 2017年11月22日(水) 15:30~17:00
   
定 員 60名 (※予定数を超えた場合は抽選となります。予めご了承ください。)
参加費 無料
主 催 JBCC株式会社
協 賛 株式会社サトー
株式会社セイノー情報サービス
JBアドバンスト・テクノロジー株式会社
お申込みを締め切りました。

今すぐ効率化課題をセルフチェック!

御社の物流センターの効率化課題をセルフチェックしてみましょう。

Visual Warehouseコラム