ノンセパとは

ノンセパは台紙の無いシール・ラベルです。原料となる木材の使用量を削減するだけでなく、製造工程の短縮や廃棄物(台紙)排出が無くなることにより使用エネルギーの削減につながります。また、台紙付きラベルと比較して1巻当たりの枚数が約40%増えるので、輸送コストや保管コストを低減します。

「カーボンフットプリント宣言認定」を取得

「ノンセパ」はシール・ラベル業界で初めて「カーボンフットプリント(CFP)宣言認定」を取得しています。CFPとは、製品の原材料調達から廃棄・リサイクルに至るライフサイクル全体でのCO2排出量を分かりやすくマークで表示する仕組みです。CFPプログラムは、この「見える化」された情報を用いてさらなるCO2排出量の削減を目的としています。

ノンセパの導入効果

エコロジー

  • 製造段階から台紙を使わないので、紙材料の節減につながります。
  • 台紙の焼却処理が不要ですので、CO2の削減にも貢献します。
<出典>
  1. 1.メーカーからの基材製造資料参照
  2. 2.産業廃棄物「紙くず」処理の実態:「環境省 産業廃棄物排出・処理状況調査報告書 平成17年度」
  3. 3.一般廃棄物の焼却:環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 温室効果ガス排出量算定方法検討会2002.8
  4. 4.(株)サトー基材物性仕様書
  5. 5.『樹脂加工におけるインベントリーデータ調査報告書』汎用樹脂加工製品を中心として(社)プラスチック処理促進協会2000年1月より

作業性アップ

  • 台紙を捨てる手間がなくなり、貼り付け作業がスピーディーに行えます。
  • 同じ巻外径であれば約40%長くラベルを巻けるため、プリンタのラベル交換頻度が減少します。

台紙が残りません

通常のラベルは台紙が残ります

コストダウン

  • ラベル台紙の廃棄処理費用が不要になります。また、廃棄処理の手間も省けます。
  • 台紙が無いぶん、ノンセパなら省スペースに保管できます。輸送コストや保管コストを低減できます。

ノンセパコンビラベル

台紙が無く、表裏同時に印字可能な糊付きラベルです。表裏に別の内容を印字したり、1枚の幅広ラベルとして使用できます。表裏同時に発行しますのでラベルの貼り忘れや貼り間違いを防止します。

エコナノ仕様のノンセパラベルならCO2削減効果は約50%に!

「エコナノ」とは焼却時に発生するCO2を吸収する世界初のシール・ラベルです。NVC(ナノベシクルカプセル)技術によるCO2吸収剤が粘着剤に添付されています。これをノンセパの粘着剤に添加した「エコナノノンセパ」ならば、通常の台紙付きラベルに比べ約50%のCO2削減が可能です。
エコナノについてはこちらをご覧ください。

<算出条件>
  1. 1.算出対象範囲:タックラベル、ノンセパラベル、エコナノノンセパラベルの廃棄段階。
  2. 2.廃棄段階で焼却処理されると仮定し算出しています。
  3. 3.エコナノラベル、エコナノノンセパラベル焼却時のCO2削減率:20%(TG/DTA分析結果)。
  4. 4.レジ袋は、1枚(標準30号 HDPE 10gと仮定)を製造・加工・焼却した場合発生するCO2排出量。
<出典>
  1. 1.廃棄物の焼却:環境省地球環境局地球温暖化対策課
    温室効果ガス排出量算定方法検討会 2002.8
  2. 2.CO2削減率:CO2吸収剤製造メーカー TG/DTA分析結果より
  3. 3.レジ袋換算:「樹脂加工におけるインベントリーデータ 調査報告書」
    -汎用樹脂加工製品を中心として-(社)プラスチック処理促進協会 2000年1月

エコな製品・サービスに関するお問い合わせ

電話でのお問い合わせ 0120-226310 9:00〜17:45(土・日・祝日を除く)

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ