1. ホーム
  2. サポート・ダウンロード
  3. ラベル発行ツール サポート情報

開発支援ツール Multi LABELIST Component / Component Plus

商品概要

Multi LABELIST Component / Component Plusは、ラベル・タグ発行ソフトウェア「Multi LABELIST V5」の資産を利用し、お客さまのアプリケーションに自由度の高いラベル・タグ発行処理を構築できる.NETコンポーネントです。

  • Multi LABELIST V5のレイアウト資産を活用できます。
  • USB、LAN、Bluetooth、COM(シリアルポート)、サトー製プリンタドライバに対応。出力デバイスを問わない設計ができます。BluetoothはPC側がMicrosoft社標準のBluetoothスタックのみ使用可能です。その他のBluetoothスタックでは動作保証しておりません。
  • ステータス監視機能をサポートしているので、プリンタがどのような状態になっているか確認できます。
  • Multi LABELIST Componentはライセンスフリーで配布できます。(Multi LABELIST Component Plusは要ライセンス)

Multi LABELIST Component

ダウンロード前に、ソフトウェア使用許諾を必ずお読みください。
ダウンロードを開始された場合には、本許諾書に同意されたものとさせていただきます。

この表はスクロールしてご覧いただけます。

内容 詳細 バージョン サイズ 更新日
プログラム

ファイル

MLComponentのDLLファイルです。
(Visual Basic、Visual C#で利用)
5.9.7.0 1.52MB 2021/06/01

インストーラ

MLComponentのインストーラです。
(ExcelやAccessなどで利用)
5.9.7.0 49MB 2021/06/01
マニュアル

リファレンスマニュアル

プロパティやメソッドを機能毎に説明するマニュアルです。 5.9.7.0 1.02MB 2021/06/01

[英語版]リファレンスマニュアル

プロパティやメソッドを機能毎に説明するマニュアルです。(英語) 5.9.4.0 758KB 2020/11/05

テクニックマニュアル

呼び出し方やカット動作など用途毎に説明するマニュアルです。 r200430 1.76MB 2020/04/30

練習マニュアル

レイアウトの作成からアプリの開発まで手順を追って確認できるマニュアルです。 2.23MB 2015/06/16

移行ガイド

MLOCXからのプログラム移行手順のマニュアルです。 r200430 764KB 2020/04/30
サンプルプログラム

Visual Basic 2010版
機能サンプル

プロパティやメソッドの動作を確認できるサンプルです。 5.9.7.0 3.11MB 2021/06/01

Visual Basic 2010版
簡易発行サンプル

レイアウトファイルとデータファイルを使った簡易の発行サンプルです。 5.9.7.0 3.09MB 2021/06/01

Visual C# 2010版
機能サンプル

プロパティやメソッドの動作を確認できるサンプルです。 5.9.7.0 3.10MB 2021/06/01

Visual C# 2010版
簡易発行サンプル

レイアウトファイルとデータファイルを使った簡易の発行サンプルです。 5.9.7.0 3.09MB 2021/06/01

Visual Basic 2010版
LAN+ステータスL発行

タフアームとステータスLを使用してラベル発行を行うサンプルです。
対応インターフェースはLANになります。
5.9.7.0 4.63MB 2021/06/01

Visual C# 2010版
LAN+ステータスL発行

タフアームとステータスLを使用してラベル発行を行うサンプルです。
対応インターフェースはLANになります。
5.9.7.0 4.63MB 2021/06/01
その他

バージョン履歴

ソフトウェアのバージョン毎の変更点を記載しております。 5.9.7.0 988KB 2021/06/01

動作設定ファイル

ログ出力などで利用する動作設定ファイルのテンプレートです。
利用方法はテクニックマニュアルをご参照ください。
1KB 2018/02/21

Multi LABELIST Component Plus

Multi LABELIST Component Plusは、通常のMulti LABELIST Componentにカラープリンタ用レイアウトの発行機能を追加し、プレビュー表示のMulti LABELIST Preview Componentと合せて販売している有償製品です。
Multi LABELIST V5 Plus / Enterpriseで作成したカラープリンタレイアウトを使用する場合やプレビュー表示を使用する場合にご利用いただけます。
ご購入いただいた製品に付属されているテクニカルサポートライセンスを利用して、テクニカルサポートサイトより最新版をダウンロードできます。

注意点:連続発行によるメモリー・ハンドルリークの発生について

Windows 7で「内部にビットマップ情報を含むフォント(MS ゴシックなど)」を利用した「カラープリンタレイアウト」を、連続して発行し続けると、Windows の不具合により「csrss.exe」(Windowsのプロセス)のメモリ使用量が徐々に増える(リークする)現象が確認されております。マイクロソフト社へ報告済みですが、改修の見込みがないため、アプリケーションを起動したまま終了せずに、カラープリンタレイアウトを大量発行し続けるアプリケーションは、メモリ使用量により定期的に再起動するように回避をお願いいたします。(Windows 8、Windows 8.1、Windows 10 では発生しません。)

スペック情報

この表はスクロールしてご覧いただけます。

対応OS
32bitOS
Windows 10、Windows 8.1、Windows 8※1※2、Windows 7、
Windows Vista(SP1以上)※2、Windows Server 2008
64bitOS
Windows 10、 Windows 8.1、Windows 8※1※2、Windows 7、
Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、
Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008
  • ※1Microsoftのサポートが終了しているため、Windows 8.1をご利用ください。
  • ※2Microsoftのサポート終了に伴い、Ver.5.8.1.0までの対応となります。
  • USB制御を使用する、またはPlus版でカラープリンタレイアウトを使用する場合、
    32ビットアプリケーションとして開発が必要です。
動作環境

.NET Framework 4.0 / 4.5 / 4.6 / 4.7 / 4.8

稼動確認開発ツール

Visual Studio 2019 ( Visual Basic / C# )、Visual Studio 2017 ( Visual Basic / C# )、
Visual Studio 2015 ( Visual Basic / C# )、Visual Studio 2013 ( Visual Basic / C# )、
Visual Studio 2012 ( Visual Basic / C# )、Visual Studio 2010 ( Visual Basic / C# )、
Microsoft Excel 2010(VBAで利用)、Microsoft Access 2010(VBAで利用)

  • その他、.NETコンポーネントをサポートする開発言語の稼働確認については営業員にお問い合わせください。
対応プリンタ
スキャントロニクス
CL4NX-J Plusシリーズ、CL6NX-J Plusシリーズ、CL4NX-Jシリーズ、CL6NX-Jシリーズ、
SG400R-exシリーズ、SG400Rシリーズ、
BF400Rシリーズ、M-48Proシリーズ、 MT400eシリーズ、SR400シリーズ、
MR400eシリーズ SG600Rシリーズ、MR600eシリーズ SG112T / R、
MT / MR110w HA200Rシリーズ、GN412T
SATOC(サトック)
ST300Rシリーズ、TR400eシリーズ
バートロニクス
CF408T、RT308R
SCeaTa(シータ)
CT4-LXシリーズ
L'esprit(レスプリ)
HC4-LXシリーズ、T / R400v-exシリーズ、T / R400vシリーズ、T / R400シリーズ
Et Vie(エヴィ)
EV200Rシリーズ
FLEQV(フレキューブ)
FX3-LX
lapin(ラパン)
PT400eシリーズ
Petit lapin(プチラパン)
PW208NXシリーズ、PW208シリーズ、PT200eシリーズ
タフアーム
LR4800SR-Tシリーズ
カラープリンタ

Plus版のみ対応

GHS612R
LP-812W、NP-ODL8Ⅱ
NPC-122W、NPC-122X
PX509
LX-D5500、LX-P5500、LX-760、LX-760RF、LXーP1500
CW-C6520、CW-C6020、GP-C831、TM-C7500、TM-C3500、TM-C3400
GE5000-YPOS、N6100、V2500 RPCS
JP621-LC、JP600-LC、JP635-LC
Pro1040、Pro1050

サトー製海外プリンタ
CL4NX Plusシリーズ、CL6NX Plusシリーズ、CL4NXシリーズ、CL6NXシリーズ、
CL408e、CL412e、CL608e、CL612e、
GT408e、GT412e、GT424e、 M-84Pro-2、M-84Pro-3、M-84Pro-6、
M-5900RVe、CT4-LXシリーズ、CT400、CT410、 XL400e、XL410e、
MB200i、MB400i、MB410i

よくあるご質問

QVisual Studio 2015で使用できますか?

A使用可能です。Ver.5.5.2.0(2015年12月公開)で問題なく使用できることを確認いたしました。

QVisual Studio 2005 / 2008で使用できますか?

A使用できません。.NET Framework 4.0以降に対応している開発環境(Visual Studio 2010以降)をご使用ください。

QWebアプリケーションで使用できますか?

AWebアプリケーション(Javascript、ASP.NETなど)での利用はサポートしておりません。Webアプリケーション用開発支援ツール「Multi LABELIST V5 WebEngine」のご購入をご検討ください。

Q開発環境にてMulti LABELIST OCXとの共存はできますか?

A共存できます。1つのアプリケーション内でMulti LABELIST OCXとMulti LABELIST Componentの両方を利用してアプリケーションを開発することもできます。

Q運用環境にてMulti LABELIST OCXを使ったアプリケーションとの共存はできますか?

A 共存できます。

QMulti LABELIST OCX(ActiveXコントロール)との互換性はありますか?

A互換性はありませんが、お客さまの移行作業をサポートする「MLOCXユーザのためのMLComponent移行ガイド」を用意しておりますのでご活用ください。

QVisual C++は動作確認していますか?

A申し訳ありませんが、Visual C++は動作確認の対象外となっております。Visual C++に限らず、動作確認していない環境であえて動作しなくなる機構はありませんので、お客さまにて動作確認の上ご利用いただくことは可能です。

QMulti LABELIST V4のレイアウトを使うことはできますか?

Aできません。既存のMulti LABELIST V4レイアウトファイルを使いたい場合は、Multi LABELIST V5を使用してレイアウトファイルをコンバートする必要があります。

Qマルチスレッドで使用できますか?

A対応しております。
多重起動時の遅延とThreadクラスの使用に注意点がございますので、リファレンスマニュアルの注意事項をご参照ください。

全てのサポートについてのお問い合わせ

0120-105376

お客さまヘルプデスク24時間365日