1. ホーム
  2. 商品情報

位置測位技術(RTLS)で人・モノの動きを可視化・生産性を向上し、サトーの現場力で課題解決!

位置測位システム(RTLS)とは

位置測位(RTLS)とはどんな技術?

位置測位システム(RTLS:Real Time Location System)とは、人やモノがある時点でどこにあるかを知るために、位置を測定する技術です。大きく分けると、GPS衛星からの電波を活用するものと、GPS衛星からの電波が届かない特定の領域で使われているIPS(Indoor Positioning System:屋内位置測位)システムの2種類があります。IPSシステムは、工場などの製造現場にあるさまざまなモノや人にタグをつけ、そこから発信された電波をもとに位置や動きをデータ化し、品質や生産性の向上、労働環境の改善に活用されています。このような現場の課題解決に直結するIPS(屋内位置測位)システムについて、詳しくご紹介していきます。

屋内位置測位を活用してできること

  • 資材、在庫品、工具など、“モノの所在管理”をリアルタイムで行うことができる!
  • いつ、誰が、何をどれだけ作業しているかといった情報を“自動取得”できる!
  • 取得した稼動状況、動線などのデータを“見える化”し、業務の分析・改善に活用できる!

バーコードや画像認識技術などとの違い

業務の効率化や改善のために、人やモノに関する情報を取得する手段としては、バーコードや画像認識技術もよく活用されています。屋内位置測位を含め、それぞれにメリット・デメリットがあるので、状況や用途に応じて使い分ける必要があります。

バーコードと比較した屋内位置測位のメリットは、スキャンする手間がかからないことや、人やモノがどのように動いたかといったデータまで取得できることです。
一方、画像認識技術と比較した屋内位置測位のメリットはデータの可視化が簡単にでき、扱うデータ量が少なく済むこと、固体ID認識がしやすいことです。

サトー提案・導入 屋内位置測位技術 比較表

この表はスクロールしてご覧いただけます。

EXBeacon Quuppa UbisenseUWB
受信機(EXBeacon)
BLEタグ(EXTx)
Locator
BLEタグ
UWBセンサー
UWBタグ
位置測位精度 2、3m~

設置環境による

50cm~

設置環境による

30cm~

設置環境による

表示スピード(レイテンシ) 遅い(長い) 速い(短い) 極めて速い(極めて短い)
機器設置のしやすさ
導入コスト
こんなニーズにおすすめ! そこまで高い精度を必要とせず、低コストで、自由度高く設置したい コストを抑えながら、高精度の位置情報を取得したい 多少コストがかかっても、極めて高精度の位置情報を取得したい

レイテンシとは位置測位したモノを画面に表示するまでの時間のことです。この値が長いと画面表示まで時間がかかり、現実のモノの位置と差異がでます。

位置測位精度

UbisenseUWB > Quuppa > EXBeacon

UbisenseUWBであれば、高い測位精度によって、作業者の手の動きなど細かなところまで3次元でデータを取ることできます。その次に精度の高い位置情報を取得できるのがQuuppaです。

表示スピード

UbisenseUWB > Quuppa > EXBeacon

UbisenseUWB(1秒以下)及びQuuppa(1秒程度)で、タグの位置表示スピードはほぼリアルタイムです。EXBeaconは位置表示まで10秒以上かかります。

機器設置のしやすさ

EXBeacon > Quuppa > UbisenseUWB

拡張性や設置の自由度で最も優れているのがEXBeaconで、センサー設置場所をひんぱんに変えたい場合におすすめです。電源は必要ですが、電力消費量がごくわずかなので電池で対応できます。Quuppaは電波干渉に強いため、電波が飛び交う場所にも設置できます。データの可視化ツールやセンサー設置場所のシミュレーションツールなどが同梱しており、他の位置測位技術と異なり、Quuppaを導入するだけで位置情報を容易に把握できます。また、サトーでは外部開発ソフトとの連携がしやすいミドルウェアも取りそろえています。

導入コスト

EXBeacon > Quuppa > UbisenseUWB

最も低コストで導入できるのがEXBeaconです。特定のエリアに人が「いる」「いない」といったレベルのことを知りたいときなど、それほど高い精度を求めない場合におすすめです。より高精度を求めながらも、コストを抑えたい場合はQuuppaが最適です。

総括

Quuppa ≧ UbisenseUWB、EXBeacon

サトーではお客さまのニーズや用途に沿って、3商品から提案を行っております。サトーで最も導入実績のある位置測位技術は、Quuppaとなっております。位置測位精度と導入コストなどのバランスが優れていることが、選ばれる主な要因と考えます。また、用途により適した商品のご提案ができますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

<参考> その他の屋内位置測位技術のバリエーションと特長

RFID

配置したアンテナで読み取ったタグを位置情報として紐づけます。
測位精度:アンテナ設置状況による。
RFIDについてはこちらをチェック

Wi-Fi測位

Wi-Fiのアクセスポイントとスマホなどの受信端末を使って測位する技術。受信端末と複数のアクセスポイントから距離で位置を算出します。
測位精度:数m~

超音波、地磁気

その他、専用のスピーカーからデータをのせた超音波を発信したり、建物に使用されている鉄材が発する磁気を活用したりする位置測位技術もあります。
測位精度:1m程度(超音波)、2m程度(地磁気)

屋内位置測位技術を用いて解決・改善できる課題

慢性的にモノ探しが発生している…

位置測位技術を導入すると…

“モノの所在や動き”をリアルタイムで把握できるようになるため、仕掛品や部品在庫などモノ探しの時間を削減できます。それだけでなく棚卸作業そのものをなくすことも可能です。それによって残業時間が減るなど働き方改革が進み、生産性向上やコスト削減にもつながります。

作業工程、進捗状況が正確に管理・把握できていない…

位置測位技術を導入すると…

いつ・誰が・どこで・どれだけ作業しているかを、人力によるデータ入力なしで“自動取得”できます。データ入力のための作業時間が削減でき、入力のミスや漏れもなくなります。そのうえで正確なデータによるトレーサビリティや原価管理、動線の見直し、作業の効率化が可能になります。

最適な人材配置やラインが組めていない…

位置測位技術を導入すると…

人やモノの稼動状況を“見える化”できます。それによってより効率的な、適材適所の人材配置が可能になります。作業工程における無駄やロスを減らせ、作業の自動化やアウトソーシングの検討、熟練作業者の作業を分析したうえでの生産体制の改善などにも役立てることができます。

さらに位置情報を有効活用することで、IoTの導入DX化もスムーズに進み、スマートファクトリー化を実現できます。

導入事例紹介

位置測位技術を用いて可視化できるのは、生産実績や稼働状況、モノの所在、工数など多岐にわたります。収集したデータを活用して生産性向上や働き方改善など現場の課題解決を実現した事例をご紹介します。

位置測位技術(RTLS)におけるサトーの強み

1「現場力」を生かしたソリューション提案

サトーは、バーコードやRFIDの提案・現場導入での実績も豊富にもっています。その知見をもとに、バーコードやRFIDでは実現できない位置測位技術(RTLS)を用いた自動認識ソリューションも提案することができます。経験豊富な技術商社、ソリューションベンダーとして現場に入り、お客さまとともに課題を見つけ、ポイントを適切に把握したうえで、最適な解決・改善方法を提案しています。

2商品ラインナップ

現場環境やお客さまの要望・市場用途に合わせた提案ができる、豊富な位置測位商品ラインナップを用意しています。さらにサトーが独自に企画・開発した位置測位技術の効果を高めるミドルウェア(SATO Edge / Customer Touch)や用途別タグ(サトー電池交換式タグ / MEDiTAG for Quuppa)、作業端末向けの業務アプリの提供により、位置測定システム導入のハードルを下げます。

3サポート体制

サトーは全国各地に営業拠点、サポートセンターを構え、充実した体制でお客さまを支援しています。さらに世界26の国・地域に広がる拠点をベースに、海外商談の横展開もサポートしています。

導入ステップ

位置測位ソリューションの導入ステップは以下となります。

  1. 1.
    商品紹介、技術紹介、ショールーム見学
  2. 2.
    現場視察、現場課題の認識
  3. 3.
    センサー台数シミュレーション提示、概算見積
  4. 4.
    有償トライアル導入、位置測位精度確認、導入台数の確定
  5. 5.
    アプリケーション提案、ソフトウェア開発仕様打合せ
  6. 6.
    正式見積、受注発注
  7. 7.
    センサー取付工事、センサー設定作業、ソフトウェア連携
  8. 8.
    検収、請求書発行
  9. 9.
    導入後のフォロー

関連ソリューション

位置測位システム(RTLS)に関するお問い合わせ

0120-226310

お客さまヘルプデスク24時間365日