1. ホーム
  2. 業種別
  3. 化学・鉄鋼

原反に代表される大型資材置き場の把握・管理システム

資材の位置管理システムで所在を見える化。現場の「探す」無駄をゼロに

工場や倉庫内に点在する、「原反ロール」や「フレキシブルコンテナバッグ(フレコン)」。いずれも重量が数百キロ~1トンを超えるものであるため、フリーロケーションで平置きされるケースが圧倒的です。重量がある大型製品の位置管理は、現場の熟練者の采配によるところが多く、モノの位置を誰でも容易に把握できる状況ではありません。探索の手間や紛失のリスク、トレーサビリティなどの要因から、この課題への対策は急務といえます。

よくある課題

  • 課題その1原反など資材の所在が正確に分からず、紛失や探索によるロスが大きい

    • 大型資材はフリーロケーションで平置きされるため、さまざまな場所に点在してしまう
    • 探す手間や、見つけられずに再購入するなど、無駄が発生しやすい
  • 課題その2入出庫履歴・棚卸しに時間がかかる

    • 台帳記入や表計算ソフトへの入力など、手作業による在庫管理が主流で、記入漏れや入力ミスのリスクがあり、作業履歴を正確にトレースできない可能性がある
    • 入出庫履歴・在庫の確認に時間がかかり、生産性が低下する
    • 高額な資材が多いため棚卸しは必須。置き場が固定されにくく、棚卸しの負荷が高い
    • 置き場や使用ルールは現場担当者や熟練者の判断に依存するため、管理が属人化しがち

サトーが解決します。

課題
大型資材の置き場が分からないため、所在探索に手間がかかる
サトーなら
位置測位システムの活用で、資材の所在を明確にし、探索を容易に

高精度位置測位技術を活用し、現場の「探す」作業を削減します。モノの位置情報を高い精度で把握できるセンサを利用し、仕掛品や部材、備品などの所在をリアルタイムに可視化します。常に在庫の所在を確認できる状態になり、負荷の高い棚卸しの作業をあえて行う必要がなくなります。「探す」作業や紛失のリスクを軽減し、棚卸しレスを実現することで、人的負担とコストの削減が図れます。

課題
台帳記入やExcel入力など手作業による入出庫、在庫管理に限界を感じている
サトーなら
入出庫・在庫管理をシステム化することで、正確性と業務効率の向上を実現

高精度位置測位技術とサトー独自の技術を組み合わせ、資材の所在管理、在庫管理、入出庫管理を一元管理できるシステムを構築。資材の所在や状況をデータで管理することで、現場の管理品質の向上と業務効率化を実現します。

課題
入出庫履歴の確認に多くの時間を要する
サトーなら
資材の入出庫や所在を見える化し、作業履歴をトレース可能に

高精度位置測位技術Quuppaを活用し、入出庫管理、置き場での在庫管理をリアルタイムに行います。ロケーションや製品の状況を見える化し、作業履歴をトレースできるようにします。

商品構成

資材の置き場の把握・管理システム

高精度位置測位技術とサトー独自の業務管理システムを組み合わせ、保管場所の特定、探索、入出庫トレースなど、資材の位置を管理、把握するシステムです。所在管理、在庫管理、入出庫管理を一元管理し、現場の管理品質の向上と業務効率化を実現します。

高精度位置測位技術Quuppa

モノの位置をリアルタイムに表示し、現場の「探す」作業を削減します。ロケーター(リーダー)とタグの配置から、誤差50cm~1m程度まで詳細に絞り込んで位置情報を測ることが可能な技術で、製造現場内を正確にセンシング。取得データを管理システムと連携し、業務効率化や生産性の向上に活かします。

活躍が期待されている現場用途

  • 工場内での商材管理
  • 倉庫内でのカゴ車、パレット管理
  • 屋内での駐車位置管理、コンテナ位置管理

など

その他ソリューション・商品

商品に関するお問い合わせ

0120-226310

お客さまヘルプデスク24時間365日