1. ホーム
  2. 業種別
  3. 自動車

屋内外位置測位技術Quuppaによるトレース精度の向上

位置測位技術Quuppaによるトレース精度の向上、生産の効率化とモノの正確な管理を実現

生産性向上や製品の管理精度向上を目的に、製造現場では「いつ、誰が、何を、どれだけ」作業したか、データを詳しく記録、分析しようと努めています。しかし、作業者が作業ごとにバーコードで状況を入力するといった人手による運用では、入力漏れやミス発生の可能性が避けられません。製造現場に精通するサトーは、高精度位置測位技術「Quuppa」と、仮想マップ上に倉庫内の人やモノの動きを可視化する「Visual Warehouse」による、高精度な屋内外位置測位ソリューションを提供。作業者の行動や作業、モノの位置を正確かつリアルタイムに把握する技術で、製造現場が抱える課題の解決をサポートします。

よくある課題

  • 課題その1作業者の作業実績が正確に見えない

    • 作業の進捗状況や時間が正確に把握できず、詳細な追跡・遡及や工程およびコスト管理が難しい
    • 人員配置が適切に行えず、作業効率が悪い
    • 各作業員の作業動線が最適かどうか分からない、最適化が図れない
  • 課題その2作業工数の取得に手間がかかる

    • すべての作業の開始・終了時にバーコードをスキャンして実績を入力する運用だと、手間がかかる
    • ルールが徹底されずに、作業者によって入力にムラがある
    • 入力漏れや、入力ミスが発生する可能性がある
  • 課題その3モノの所在が分からない

    • 仕掛品や部品在庫などモノの所在が分からず、検索や探索、出庫作業に無駄が多い
    • 仕掛品の進捗や完成製品の所在がリアルタイムに把握できない
    • 棚卸作業の負荷が高い

サトーが解決します。

精度の高いトレース情報を得るためには、正確な位置情報の取得が重要です。自動車工場などの製造現場を熟知しているサトーは、正確な位置情報を把握するセンシング技術で、製造現場内の「人、モノ、作業」を可視化。ここに「場所、時間、動き、工数」のデジタルデータを組み合わせ、精度の高いトレース情報を提供し、製造現場における生産性の向上を実現します。

1. 品質のトレース管理:製品、ロット、部材などモノの流れ
「いつ」「誰が」「どこで」「何を」「どれだけ」使ったのか、モノの流れにフォーカスしてトレース
2. 人のトレース管理:作業者と作業内容・作業実績
「いつ」「誰が」「どこで」「どの作業を」「どれだけ」しているか、作業者と作業実績のエビデンスにフォーカスしてトレース
課題
作業工程や仕掛品の進捗状況が正確に把握できない
サトーなら
高精度位置測位技術Quuppaの活用で、仕掛品の状況や作業工程を可視化

作業者のヘルメット、車体につけられているタグを、天井にあるロケーター(リーダー)が読み取り、位置情報を高い精度で測位します。「誰が」「どの車両で」「何の作業を」やっているかが、リアルタイムかつ高精度で可視化されるため、車体番号ごとに作業工程の進捗が正確かつ容易に把握できます。納期の問い合わせへの対応や出庫作業の迅速化、輸送会社などとの連携をスムーズにし、業務効率化が図れます。

課題
作業ごとに入力が必要で、入力ムラ、漏れ、ミスが発生
サトーなら
入力不要。自動的に作業データを収集し、人手による入力ミスを排除

専用のセンサから取得される位置情報を元に、「いつ、誰が、どこで、何を、どれだけ」作業しているかのデータを自動的に取得。入力作業を必要とせず、作業者が意識することなく正確な工数を集計できます。

課題
作業工程が見えず、最適な人員配置や業務効率化ができない
サトーなら
作業者と作業内容を紐付けて分析することで、作業工程や動線を最適化

高精度位置測位技術Quuppaでトレースしたデータから、作業者と作業実績を紐付けることで、各作業者の実績を管理できるようになります。信頼性の高い収集データを集計、分析することによって、作業工程を可視化します。作業計画や製造原価の見直し、人員配置や採用計画の最適化など、現場改善をサポートします。

課題
業務負荷の高い棚卸をなんとかしたい
サトーなら
高精度位置測位技術Quuppaの活用で、棚卸業務レスに

作業工程とともに、モノの位置情報を高い精度で把握できるため、仕掛品や部材、備品などの所在もリアルタイムに可視化することができます。常に在庫の所在を確認できる状態になり、負荷の高い棚卸業務を行う必要がなくなります。棚卸業務レスを実現し、人的負担とコストの削減が図れます。

商品構成

高精度位置測位技術Quuppa

モノの位置をリアルタイムに表示し、現場の「探す」作業を削減します。ロケーター(リーダー)とタグの配置から、誤差50cm~1m程度まで詳細に絞り込んで位置情報を測ることが可能な技術で、製造現場内を正確にセンシング。お客さまのニーズに合わせた最適な分析ソフトと組み合わせることで、取得データを業務効率化や生産性の向上に活かします。

活躍が期待されている現場用途

  • 工場内での商材管理
  • 倉庫内でのカゴ車、パレット管理
  • 野外での駐車位置管理、コンテナ位置管理

など

仮想マップによる可視化ツールVisual Warehouse

位置測位技術で取得したデータを、仮想マップを用いて可視化。動線、滞留ポイント、移動距離、稼働状況などを仮想化して、現場の課題を解決します。

動線・滞留ポイント

移動距離

ヒートマップ

商品導入事例

導入事例一覧

利用商品

商品に関するお問い合わせ

0120-226310

お客さまヘルプデスク24時間365日

関連課題・テーマ