1. ホーム
  2. 業種別
  3. 自動車

トレース情報の精度向上

製造業のトレーサビリティに関わる課題と考え方

自動車業界はかつてないほどの環境の変化の渦中にあります。EVに代表されるパワーユニットや電子制御システムの進化、自動運転など新技術の研究・開発競争が激化しています。これに伴い、自動車製造の現場にも急速な変革が求められています。品質管理とさらなる生産性の向上は喫緊の課題であり、車体・部品・作業者と作業内容に関するトレーサビリティは、重要度を増しています。

  • 課題その1不正検査問題に端を発する、品質管理への意識の高まり

    過酷な開発・生産競争と認定検査員不足に起因する不正検査問題を契機に、品質管理への意識がこれまで以上に高まっています。製造過程における、トレース情報の精度向上のためのシステムや、ツールの活用が注目されています。

  • 課題その2自動車関連技術のダイナミックな変革

    環境問題、省エネへの関心の高まりから、EV、HV、FCVなどガソリン車に替わる新たなパワーユニットが誕生しています。また、安全性や運送効率の向上をめざす自動運転車の開発も、急ピッチで進められています。自動車の製造も、サプライヤーや作業工程が大きく変化しており、工場内における部品や作業内容のトレーサビリティが、より重要になっています。

  • 課題その3慢性的な人手不足と働き方改革

    熟練者の高齢化による退職や、少子化による採用難。製造現場は慢性的な人手不足に陥っており、資格認定者の養成もままならないのが実情です。企業は、品質の高い仕事を少人数で行わなければなりません。作業実績管理を徹底し、さらなる生産性の向上をめざす必要性があります。

サトーが解決できること

トレーサビリティを強化するためには、製品のトレースはもちろん、製品と作業者や作業内容を紐付けたトレースも必要です。サトーは生産現場での経験をもとに、位置測位ソリューション、RFID、ラベルソリューションなどにより、お客さまのトレース情報の精度向上に関する課題に応えます。

よくある課題と
解決のアプローチ

課題
作業工程や仕掛品の進捗状況が正確に把握できない
サトーなら
高精度位置測位技術Quuppaの活用で、仕掛品の状況や作業工程を可視化

高精度位置測位技術「Quuppa」と、仮想マップ上に倉庫内の人やモノの動きを可視化する「Visual Warehouse」による、高精度な屋内外位置測位ソリューションを提供。作業者の動線や作業、モノの位置を正確かつリアルタイムに把握する技術で、製造現場が抱える課題の解決をサポートします。

課題
パソコンが使えない現場で、伝票発行業務の効率が低下
サトーなら
パソコンを使わない運用により、狭いスペースや厳しい現場環境でもラベル発行が可能

製造現場によっては、粉じんやミストオイル、鉄粉などが舞う厳しい環境や設置スペースの制約から、作業現場にパソコンを持ち込むことが難しい場合があります。パソコンを通じてプリンタで印刷しなければならない現品票などはその場で発行できず、別の場所で対応しなければなりません。製品の入出庫作業時に、時間のロスや伝票移動の手間、貼り付けミス発生のリスクを生みだす可能性があります。
サトーでは、AEP(Application Enabled Printing)により、プリンタ内部でスタンドアロン発行プログラムを実行。粉じんなどが舞う厳しい作業現場や設置スペースの制約がある場所でも、PCレスでラベル発行が可能です。

課題
製造現場の検査工程で、検査記録を手書きもしくはキーボード入力しているため、作業効率が悪い
サトーなら
音声認識でデータ入力を簡単かつ便利に

マイクを使用し、ハンズフリーでのデータ入力を可能にします。騒音環境下でも正確な音声入力が実現できる無線ウェアラブルマイク「AmiVoice Front WT01」との連携も可能。パソコンのデータ入力作業における業務改善とスピードアップを実現します。

課題
さまざまな用途に適したサプライ商品を探している。
サトーなら
貼り付ける、挟む、下げるといった、タグの形状から、ラベルの基材や糊質まで、お客さまの運用に最適な組み合わせをご提案。

RFIDプリンタ用サプライのご案内。

課題
誤出荷を減らしたい。
サトーなら
自社現品票の作成でトレーサビリティが可能に!

取引先となるメーカー各社の現品票と、自社の製品(部品)の現品票を照合して出荷することで、誤出荷を防ぐとともにトレーサビリティに必要な情報を収集できます。

課題
自動車メーカーの生産工場におけるALC(自動車工程管理)に対応し、各工程で必要なラベルを発行したい。
サトーなら
製造現場に適した機器ラインナップをご用意。

自動車の生産工場においてALC(自動車工程管理)に対応する各工程に応じたラベル発行のための機器ラインナップ。

課題
自動車メーカーごとに異なる現品票を発行するため、専用システムを導入しなければならず、費用と手間がかかる。
サトーなら
標準帳票発行に最適なプリンタ!複数の取引先に1台で対応できます!

自動車業界の標準帳票発行用途に最適な10インチプリンタ「スキャントロニクスSG112T」をご紹介

商品に関するお問い合わせ

0120-226310

お客さまヘルプデスク24時間365日