1. ホーム
  2. 業種別
  3. ロジスティクス

「注意喚起ステッカー」で安全性と生産性を向上

パっと判別できる安全表示ステッカーの作成を手間なく導入

倉庫や物流センターなどでは、作業者の誘導や安全確保、注意喚起のためにさまざまな種類のステッカーが使われています。ステッカーに表記されている文言が不明瞭だったり、色やデザインが統一されていないと、作業者に正しく理解してもらえず業務効率を低下させたり、安全性を損なう懸念もあります。倉庫が複数あって作業者が行き来する場合や、外国人作業者が働いている場合、外部の人が視察に来る場合などは、なおさらです。
また、ステッカーの多岐に渡る内容を管理し、経年劣化やロケーション変更した際に、随時作成して貼り直すのは手間のかかる業務です。

サトーが解決します。

課題
安全表示ステッカーのデザインや色に統一感がなく、注意喚起が行き届かない場合がある
サトーなら
統一感のあるデザインで判別性がアップ

不明瞭なデザインのステッカーでは、一目で内容を理解できず注意喚起の効果が十分に得られなかったり、同じ内容でも場所ごとに表記が異なるステッカーでは混乱を招くなど、かえって現場の弊害となってしまう可能性があります。
サトーの注意喚起ステッカーでは、一目で内容を認識させる色彩設計や、読みやすいユニバーサルフォントを採用。同一倉庫内はもちろん、複数倉庫でも規格を統一し、より高い注意喚起力のある安全標識で、現場の安全性向上に貢献します。

課題
多種類ある安全表示作りに手間と時間がかかっている
サトーなら
標準デザインから選ぶだけ。オリジナルステッカー作成も簡単

注意喚起の表示は場所によってそれぞれの表示内容が異なり、いくつもの種類を用意する必要があります。また、紙製のステッカーは耐久性が低く、剥がれやすく、貼り直す工数がかさんでしまいます。
サトーの注意喚起ステッカーなら、よく使われる用途のステッカー約40種類を標準品としてラインナップしていて、そこから選ぶだけです。また、オリジナルのデザイン作成もでき、これまでかかっていた、作成から印刷までの工数を削減します。
さらに、耐久性の高い基材で、貼り直しが少なく済むようになります。

課題
外国人スタッフが増えてきたが、ステッカーを外国語表記にするのは大変
サトーなら
多言語対応もお手伝いします

日本語以外の言語を母語とする労働者が増えています。しかし、倉庫内のステッカーをそれぞれの言語に合わせて、多言語化することはなかなか難しいもの。的確に翻訳されていないと、かえって誤解を招くリスクもあります。
サトーでは標準品のステッカーに、日本語・英語・中国語(北京語)の3か国語を表記しています。オリジナルデザインのステッカー制作にあたっては、多言語対応もしっかりサポート。英語・中国語で倉庫業務に適した表記を提供します。

商品構成

注意喚起ステッカー

商品導入事例

導入事例一覧

利用商品

商品に関するお問い合わせ

0120-226310

お客さまヘルプデスク24時間365日

関連課題・テーマ