1. ホーム
  2. 業種別
  3. リテール

HACCPの考え方を取り入れた衛生管理をサポートする「HACCP CLOUD」

HACCP CLOUDで、記録の手間を減らしHACCP対応を確実かつ効率的に

2018年6月に食品衛生法を一部改正する法律が公布され、原則としてすべての食品等事業者に、HACCPに沿った食品衛生管理の実施が求められることになりました。2020年6月からの施行に向けて、小売業もHACCP対応の準備が必要です。HACCPに準拠するレベルでの食品衛生管理は、モニタリングや継続的な記録が要。一方で、必要なデータの記録、管理には人手と時間がかかるのがネックです。サトーが提供するHACCPクラウドは、小売店の衛生管理を、人手をかけることなく効率的かつ確実に、HACCP基準で行うソリューションです。

よくある課題

  • 課題その1必要データの記録が手作業で、作業負荷が高く、ミスの心配も

    • 冷凍・冷蔵ケースや調理品の温度チェックと記録に、多くの時間と手間がかかる
    • 手作業による運用のため、記入ミスや確認漏れなどのヒューマンエラー発生の恐れがある
  • 課題その2複数店舗におけるHACCP対応の徹底が難しい

    • 多店舗展開の場合、同一の運用ルールでHACCP対応ができているか、確認と指導が困難
    • 問題発生時の原因究明や再発防止策が、迅速かつ確実に実行できる体制づくりができていない

サトーが解決します。

課題
冷蔵・冷凍庫や店内調理品の温度、従業員体調チェックなどに時間と手間がかかる
サトーなら
IoTとクラウド活用で記録作業を効率化

「冷蔵・冷凍庫の温度管理」は自動計測してクラウド上に。「加熱調理品の芯温管理」「従業員の体調チェック」は、計測した温度記録をタブレット経由でクラウド上に。それぞれのデータをクラウドで管理することにより、記録や管理にかかる作業時間や手間を削減します。

課題
人に依存する運用で、ヒューマンエラー発生の恐れがある
サトーなら
データの収集と記録を自動化することで、精度を向上

紙ベースでの帳票管理では、温度計の数値の読み間違いや記入ミス、誤字などの恐れがありますが、計測と記録を自動化することにより、こうした不安を解消します。二重チェックの手間や負担、帳票類の保管や移動も不要になり、業務効率が格段に向上します。また、データをリアルタイムで記録することで、通常と異なる数値の変化を把握し事故を未然に防ぐ効果も期待できます。

課題
全国に店舗が点在し、統一的な運用ができない
サトーなら
データを本部で一元管理し、運用を統一。HACCPの確実な運用を実現

クラウド上で各店舗の記録データを一元管理。正確でミスのない衛生管理の記録はHACCP運用を確実に実行している証となります。
また計測データを本部で一元管理することで、仮に問題が発生した場合も、記録データの検索が容易にでき、迅速な原因究明や再発防止対策が可能です。多店舗化やスタッフの多様化にも影響を受けることなく、全店舗で統一した運用を実現します。

課題
そもそもHACCP対応を、どのように進めればよいかが分からない
サトーなら
HACCP基準に準拠する標準的な仕様をパッケージにして、クラウドで提供

HACCPが小売店などに求める安全管理項目を網羅したクラウドサービスで、店舗でのHACCP運用をサポートします。
多くの食品小売現場の課題を知るサトーだからこそ提供できる、現場が求める機能をコンパクトかつ使いやすくパッケージ化したソリューションです。

商品構成

HACCPクラウドは、IoTを活用してデータを効率的・自動的に記録し、クラウド上で一元管理するシステムです。
HACCPに準拠するための要となる、「冷蔵・冷凍庫の温度管理」、「加熱調理品の芯温管理」、「従業員の体調チェック」をはじめとする小売りにおける衛生管理のポイントのデータを、従業員に負荷をかけることなく記録します。また、冷凍・冷蔵機器のメーカーの違いに関わらず、一つの画面で管理できるほか、自社の商品管理ルール情報の取り込みも可能です。クラウドシステムなので、グループ企業などへの拡張性にも優れ、業務機能の連携や運用ルールの変更にも対応が可能です。さらに、他のシステムとのデータ連携インターフェイスも備えており、例えば勤怠管理などのデータを取り込んで、HACCP CLOUDへの入力データと突き合わせて、運用を向上させることもできます。

商品導入事例

導入事例一覧

利用商品

商品に関するお問い合わせ

0120-226310

お客さまヘルプデスク24時間365日

関連課題・テーマ