1. ホーム
  2. 業種別
  3. リテール

より良い売り場を実現する「店内行動見える化ソリューション」B2B2Cプロジェクト

お客さまの店内行動を可視化し、勘と経験による店舗運営からの脱却を

「来店したお客さまが商品を買う理由、買わない理由を、データで読み取れないか」。こうした店舗のニーズに応える手法の一つとして、行動観察・行動解析があります。従来の販売促進施策は、店長や熟練者の勘と経験に頼るものが中心でした。しかし、高齢化や人手不足、時代の変化から、人に頼る施策には限界が見えています。売り場改善のためのサイクルを動かすには、消費者の行動パターンのデータ化、分析が有効です。

B2B2Cプロジェクト

B2B2Cとは、「B2B(企業間取引)」と「B2C(企業と一般消費者との取引)」を組み合わせた商取引をいいます。サトー(B)では、お客さま企業(B)を通して、エンドユーザーや消費者(C)の行動を把握し深く知り、その知見をお客さまの現場の効率化に活かすことを目指し、B2B2Cプロジェクトに取り組んでいます。

よくある課題

  • 課題その1お客さまの行動が分からない

    • お客さまの行動、動線を記録できないため、行動パターンと購買の関係が分からない
    • 購入者と、入店しながらも購入に至らなかったお客さまの行動を比較できるデータがない
    • お客さまの購買行動を、分析する人員、時間がない
  • 課題その2客観的なデータに基づいた店舗作りができない

    • 熟練者の勘と経験など主観による場当たり的な施策を、効果検証せずに繰り返している
    • サイネージ・チラシ・POP・レイアウトなど、どの施策が売上に役立っているのか、客観的に示せない

サトーが解決します。

課題
お客さまの購買行動を分析するためのデータを取得したい
サトーなら
高精度位置測位技術で行動をデータ化、POSデータとのクロス分析を可能に(世界初)

お客さまがどの通路を通り、レジを通過したかまで判別できる超高精度位置測位センサーを用い、入店から退店までのお客さまの動線を正確に把握します。曜日や時間帯によるお客さま動線の違いも、見える化して比較可能にします。POS データと位置情報を突き合せてクロス分析を可能にする世界初の技術により、低コストでより正確なデータ分析が行えます。

課題
レイアウトや陳列、サイネージなどによる販促効果を、客観的に効果検証したい
サトーなら
正確なデータの取得と専門家による分析から、販促施策が明確に

超高精度位置測位センサーでお客さまの動きをデータ化し、棚の配置や商品の陳列方法、サイネージやPOPにお客さまが足を止めているか、購入しているかなどの検証を可能にします。現場改善には、POS データ、顧客属性データ、動線データを元に、何を読み解き、どう改善するのか、どのような具体策を導き出すのかが重要です。サトーでは、社内外のマーケティングの専門家による情報サービスを提供いたします。従来の「勘と経験」による施策も活かしながら、データによる分析に基づき、より良い売り場作りをご提案します。

商品構成

高精度位置測位技術 Quuppa for Retail

サトーでは、購買行動データをもとに、消費行動の可視化と分析、コンサルテーションを行う、店内行動を見える化するソリューションを提供します。その中核を成すのが、高精度屋内位置測位技術Quuppaです。Quuppaは、誤差50cm~1m程度まで詳細に絞り込み、リアルタイムに位置情報を測ることが可能な技術です。どのレジを通過したかまで分かるほどの高い精度で、お客さまの行動動線を把握します。取得データはテキストベースのため、カメラや他の位置測位システムのように膨大な容量と処理能力を必要しません。さらに、POS情報と動線データのクロス分析を可能にする世界初の技術で、購買実績と行動動線からお客さまの「買う理由」「買わない理由」を読み解けるようになります。

正確なデータと専門家による分析

POSデータ、顧客属性データ、動線データを元に、何を読み解き、どう改善するのか、どのような具体策を導き出すのかが、現場改善の重要なポイントです。社内外のマーケティングの専門家による情報サービスを提供いたします。

より専門的な見地からデータ分析を行います

POSデータ、顧客属性データ、動線データを元に、何を読み解き、どう改善するのか、どのような具体策を導き出すのかが現場改善の重要なポイントとなります。サトーでは、社内外のマーケティングの専門家がより深いデータを提供いたします。

小売に最適化されたダッシュボード

総移動距離と売上の相関関係グラフ
設定ゾーンに滞在した人の総時間上位
お客さまのヒートマップ
慶應義塾大学商学部
清水 聰 教授

専門領域:消費者行動論、マーケティング戦略
著書:「日本発のマーケティング」他
データサイエンティスト
都竹 浩生 さん

著書:「Amosで学ぶ調査系データ解析 - 共分散構造分析をやさしく使いこなす」

データに基づいた売り場のご提案

データ分析を基に経験と実績豊富な専門チームが、売り場改善につながるデザイン部分から販促プランニング、製造まで一貫してご支援いたします。店内レイアウトや陳列、印刷物、POP、デジタルサイネージや、スマホ連動プロモーションの提案から実施までサポートします。

商品導入事例

導入事例一覧

利用商品

商品に関するお問い合わせ

0120-226310

お客さまヘルプデスク24時間365日

関連課題・テーマ