1. ホーム
  2. 商品情報
  3. 自動認識技術とは

カラービット

カラービットとは

カラービットは、赤、青、緑の3色を使ってデータを表す自動認識技術です。撮影した画像データを、専用ソフトウェアで解析してデータ化します。

カラービットの原理

カラービットは「色の変化」をデータとしてシンボルを生成しています。色の変化を「1」と「0」で判断することで、データを「ビット」で表現しています。

色関係図
カラービット生成イメージ(2進数)

カラービットの特長

一括読み取り
  • 画像内のカラービットを一括で読み取り(解析)することができます。
  • 読み取れた場合はコードが枠線で表示されるため、読めないコードは画像を確認することで判断できます。
位置情報取得
  • 解析出力データで、位置情報(X、Y座標)が取得できます。
  • 読み取ったカラービットは、各コードの位置、順番を判断することができます。
コード検索
  • 同一コードであっても個数が確実に把握(管理)できます。
  • 探したいコードを、画面を見ながら簡単に探し出すことができます。

カラービット比較表

この表はスクロールしてご覧いただけます。

格納データ量 一括読み取り 読み取り位置検出 読み取り環境 ランニングコスト
1次元バーコード × ×
2次元コード × ×
RFID ×
カラービット

カラービットの用途・市場

バーコードを多くスキャンするような用途
カラービットで一括読み取りが可能です。
  • 卸業、物流業、倉庫業などの入出庫業務
  • 金融、官公庁、特許などの書類管理業務
コード情報だけでなく画像データも保持したい
画像データとコードデータを保持し、データとして残すことが可能です。
  • あらゆるお客さまの入退室管理業務
  • 物流業、卸業、製造業などの検品業務

カラービットはビーコア株式会社の登録商標です。

商品導入事例

導入事例一覧

この商品の組み合わせ例

購入前によくいただくご質問

自動認識技術に関するお問い合わせ

0120-226310

お客さまヘルプデスク24時間365日

この商品が解決できる課題・テーマ