1. ホーム
  2. サトーについて
  3. ニュースルーム
  4. 2015年
  5. お知らせ

日本ポップカルチャーの祭典「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2015 in TOKYO」にて外国人来場者向けに多言語サービスを実施

2015年11月11日
株式会社サトー

当社とアソビシステム株式会社(以下、アソビシステム)は、2015年11月8日(日)、「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2015 in TOKYO」にて、外国人客向けにイベント内で開催されるJAPAN FOOD FESTIVALで販売される食品、およびカルチャーコンテンツを多言語で提供するサービス「InboundWorks MultiLingual」を限定的に実施しました。

MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVALとは

アソビシステムが主催する日本のポップカルチャー(ファッション・音楽・フードなど)を世界に向けて発信するイベントです。11月6日(金)~8日(日)の3日間東京体育館にて開催され、約25,000人の方が来場されました。外国人は優待券による事前登録とパスポート提示で入場が無料となり、約25,000人の総来場者のうち約半数が外国人という結果でした。

サービスについて

JAPAN FOOD FESTIVALの原宿Sweets「キャラクレ!」店舗前に掲出されたPOPの二次元コードをスマートフォンのバーコードリーダで読み取ると、情報サイトにつながり、商品の名称や特徴が多言語(日・英・中)で表示されるサービスを11月8日(日)14:00~17:00の間に実施しました。


2015_11_11.jpg

アソビシステムは、「もしもしにっぽんプロジェクト」として、このほかにも国内外のイベント開催、インバウンド向けの情報サイト運営、原宿にある観光案内所を併設した施設「MOSHI MOSHI BOX」の運営、海外向けテレビ番組の制作など、日本のポップカルチャーを世界に発信するさまざまな活動を実施されています。このたび、インバウンドソリューションの開発、展開を進める当社の取り組みにご賛同いただき、「Inbound MultiLingual」を試験的に導入いただきました。

今回の取り組みをきっかけに、両社で観光案内所MOSHI MOSHI BOXでの活動や、日本への誘客・受け入れ環境構築といったテーマでさらに緊密に連携していく予定です。

アソビシステム株式会社 概要

所在地 東京都渋谷区神宮前3-29-3
代表者 代表取締役社長 中川悠介
事業内容 プロモーション事業(紙媒体 / WEB / イベント等における各種プロモーション、広告代理業)、イベント事業(ファッションイベント / 音楽イベント等の企画・制作・運営)、マネジメント事業(アーティスト / モデル / タレント等のマネジメント)、クリエイティブ制作事業(印刷物 / WEBサイト / 映像等の企画・制作)

株式会社サトー 概要

所在地 東京都目黒区下目黒1丁目7番1号
代表者 代表取締役社長 山田 圭助
事業内容 プリンタ、ハンドラベラー等のハードウェア製品およびサプライ製品の販売