1. ホーム
  2. サトーについて
  3. ニュースルーム
  4. 2016年
  5. リリース

2016年度 自動認識システム大賞 「大賞」と「優秀賞」を受賞

2016年09月15日
サトーホールディングス株式会社

一般社団法人日本自動認識システム協会が主催する2016年度(第18回)自動認識システム大賞において、サトーマテリアル株式会社が沖縄ツーリスト株式会社様、株式会社ユービックシステム様と合同で「大賞」を受賞、また株式会社サトーが「優秀賞」を受賞し、9月14日(水)に行われた表彰式でそれぞれ表彰されました。
同賞は、一般社団法人日本自動認識システム協会が自動認識技術やシステムの発展と普及・啓発を目的として、先進的かつその効果が極めて顕著な自動認識関連の技術やシステムを表彰するものです。

「大賞」サトーマテリアル株式会社 スマイルタグで観光客を誘引、商店街を活性化

サトーマテリアル株式会社は、沖縄でインバウンド事業を展開する沖縄ツーリスト株式会社様と株式会社ユービックシステム様の要件に応え、南国のリゾートをイメージしたICタグリストバンド「スマイルタグ」を開発。観光客は電子マネー機能、免税手続きをはじめ、さまざまなサービスをスマイルタグひとつで受けることができます。

smiletag_20160915.jpg

  • 那覇の国際通り県庁駅前商店街復興組合の加盟店100店舗で利用が可能です
  • 電子マネーとして利用可能。購買ごとにポイントが加算され、割り引きが受けられます
  • ゲームや占い、クイズなどに参加できます
  • 防水性に優れ、装着したまま海で遊べます
  • 利用明細や、加盟店舗のお得な情報が確認できます
  • 免税店舗では、わずか30秒で免税手続きに必要な書類が受け取れます

これらの機能から、スマイルタグは観光地と外国人観光客の触れ合いを促進し、沖縄インバウンド事業の活性化を支援します。さらに、2020年の東京オリンピックに向けた各観光地への展開も目指しています。

以上のポイントなどが評価され、2016年度(第18回)自動認識システム大賞「大賞」を受賞しました。

「優秀賞」株式会社サトー 画像認識による食品の期限ラベル貼り付け/フロチルラベラー

frozenchild_20160915.jpg

少子高齢化で物流倉庫・流通センターの人員確保が困難になる一方、冷凍・冷蔵(フローズン・チルド=フロチル)食品市場は年々増加しています。
冷凍食品の解凍時に商品への賞味(消費)期限ラベルの貼り付け作業は通常、低温下の倉庫内で行われることが多く、スタッフの熟練技術と健康状態に依存していました。

長年配送分野の自動貼り付け機を製造しているサトーは、チルド環境下のラベル貼り付けを自動で行うために、画像認識システムと産業用ロボット、および自動印字貼付機を組み合わせ、フロチル食品に自動貼り付けするフロチルラベラーを開発しました。

  • コンベア上の製品位置や向きを正確に補足します
  • 所定の位置に正確、迅速にラベルを貼り付けます
  • 常温環境下はもちろん、5度の低温環境でも安定稼動します
  • フロチル食品市場の省力化、正確化に貢献します

以上のポイントなどが評価され、2016年度(第18回)自動認識システム大賞「優秀賞」を受賞しました。