1. ホーム
  2. サトーについて
  3. ニュースルーム
  4. 2016年
  5. リリース

サトー、盲学校向けにウェアラブルデバイスを活用した 視覚障がい者の自立コミュニケーション支援システムを提供

2016年03月29日
株式会社サトー

当社は、1.6インチサイズの小型ウェアラブルデバイス「BL-01」※1とビーコン※2を活用した視覚障がい者の自立コミュニケーション支援システムを開発致しました。長崎県立盲学校(長崎県西彼杵郡時津町)に本日導入いたします。

視覚障がいのある方はヒト・モノを自立的に認識することが難しい一方、日本社会はヒト・モノの存在を瞬時に認識できる晴眼者を前提にデザインされており、多くの盲学校では視覚障がい者が自ら情報を獲得する支援を行うユニバーサルデザインシステムの導入が望まれています。

導入先である長崎県立盲学校では、職員・生徒・来校者がビーコン付きの名札を所持するとともに、校内の障害物などにもビーコンを取り付けます。生徒が周囲の状況を知りたいときに、装着したBL-01を3回叩くと、骨伝導ヘッドセットを通して誰が周囲にいるのか、何が近くにあるのかを音声で伝えるシステムです。

「社会的弱者に対して、『~してやる』文化から、『自力による情報獲得』文化への社会的成熟につながるシステムであり、視覚障がい者と晴眼者の新しいコミュニケーションスタイルの確立が期待できます。課題を改善することで、視覚障がいのある教師、生徒を喜ばせたい」と長崎県立盲学校の小笹俊則教諭は述べています。

  • ※1「BL-01」はビッグローブ株式会社が法人向けに評価用として販売しているIoTデバイスです。
  • ※2位置をはじめとする各種情報を取得するための設備。

2016_3_29_2.jpg

参考資料

視覚障がい者の自立コミュニケーション支援システム 概要

2016_3_29_1.jpg

株式会社サトー 概要

所在地 東京都目黒区下目黒1丁目7番1号
資本金 40億円
代表者 代表取締役社長 山田 圭助
事業内容 プリンタ、ハンドラベラー等のハードウェア製品およびサプライ製品の販売、保守