1. ホーム
  2. サトーについて
  3. ニュースルーム
  4. 2016年
  5. リリース

社員が元気で、会社も元気! 会員各企業の社員と家族を合わせて30万人を超える健康コミュニティ「KENKO企業会」に入会しました

2016年01月25日
サトーホールディングス株式会社

当社は2015年12月、健康経営※1の取り組みの一環として、テルモ株式会社など社員の健康増進に取り組む企業14社の経営トップが設立した「KENKO企業会」に入会致しました。

本会は、会員各企業がボランティアベースで集い、共通の健康増進テーマ(運動、食事改善、禁煙、検診等)に対し、各々の健康管理プログラムやノウハウを共有・学び合い、相互のベンチマーキングを通じて施策のレベルアップを図ること、また、広く会員外の企業にも情報を提供することで健康経営の普及に貢献することを目的としています。

当社グループは「社員が顧客価値創造におけるすべての基盤である」という観点から、社員がいきいきと働くことができるよう、これまでも本社オフィスのフリーアドレス化、コアタイムを設けない完全フレックスタイム制の導入、子育て支援制度の拡充などの「働き方改革」を実施してまいりました。現在は、2015年8月に最高健康経営責任者に就任した小沼宏行(サトーヘルスケア株式会社代表取締役社長)が推進役となり、健康増進に関する情報を提供する社内サイトの立ち上げや、禁煙外来やスポーツジム入会の補助金を支給する「健康増進アクション手当※2」など、さまざまなプログラムおよび制度を導入しています。

当社は本会の入会を機に、これらの事例・取り組みや成果を共有しながら、会員各企業の社員と家族を合わせて30万人を超える健康コミュニティの中での効果的な施策を検討し、健康経営を通じた組織の活性化、社員満足や生産性の向上につなげてまいります。

  • ※1健康経営は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。
  • ※2国内社員対象に月2,000円を支給。

KENKO企業会 概要

設立 2015年6月
ミッション
  • 経営トップのリーダーシップのもと、社員の健康増進に取り組む企業の会
  • 各社取組み結果を検証、相互ベンチマークし、施策のレベルアップを図る
  • 結果を集約し、広く会員外の企業にも情報提供、健康経営の普及に貢献
  • 組織の活性化、社員満足度の向上、健康保険組合費用の抑制など、会員の経営効率や生産性向上をめざす
取り組みテーマ ウォーキング、運動、食事、禁煙、BMI、血圧、血糖値、健診(受診率)
参加企業 株式会社 ABC Cooking Studio、株式会社NTTドコモ、オムロンヘルスケア株式会社、協和発酵キリン株式会社、株式会社グリーンハウス、第一生命保険株式会社、大日本印刷株式会社,株式会社タニタ、帝人株式会社、テルモ株式会社、株式会社ニトリホールディングス、株式会社三越伊勢丹ホールディングス、株式会社LIXILグループ、株式会社ルネサンス、株式会社ディー・エヌ・エー、株式会社IDCフロンティア、株式会社えがお、キリン株式会社、株式会社サッポロドラッグストアー、全日本空輸株式会社、大黒天物産株式会社、凸版印刷株式会社、日本航空株式会社、日本システム技術株式会社、株式会社ブルボン、株式会社丸井グループ、株式会社分析屋、株式会社読売新聞東京本社、らでぃっしゅぼーや株式会社、ミズノ株式会社、株式会社ローソン、ニプロ株式会社、ファミリーイナダ株式会社、サトーホールディングス株式会社

2016年1月20日現在

2016年健康経営銘柄企業