1. ホーム
  2. サトーについて
  3. ニュースルーム
  4. 2019年
  5. リリース

倉庫内ピッキング作業者の歩行距離を最小限に

物流支援ロボット「CarriRo® AD」と経路ナビゲーション「Visual Warehouse®」が連携

2019年06月13日
株式会社ZMP
株式会社サトー

株式会社ZMP(本社:東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)と株式会社サトー(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:小沼 宏行、以下サトー)は、自動運転技術を応用することで自律的に移動できる物流支援ロボット「CarriRo®(キャリロ)AD(自律移動モデル)」に、サトーが提供する経路案内ソリューション「Visual Warehouse®」が連携することで、倉庫内でのピッキング(荷揃え)作業者の歩行距離を最小限にする機能「Visual Warehouse for CarriRo」を発表します。

一般的に倉庫内作業の6割をピッキングが占めると言われ、その大半が歩行作業となっています。物流量が増加する中でも生産性を高めるためには、ピッキング作業者の歩行距離の削減が有効な打ち手となります。

サトーの「Visual Warehouse」は、独自のアルゴリズムで倉庫内ピッキング作業者の最短移動経路を算出し、「画像」と「音声」で指示するナビゲーションシステムです。作業者が端末で宣言した現在地情報と在庫商品の座標情報から、ゴールまでの最短ルートを仮想マップ上で割り出して指示します。

「Visual Warehouse for CarriRo」では、「Visual Warehouse」により算出した作業者の最短ルート情報および、そこから計算された最適な合流地点の情報が、「CarriRo AD」が走行する際のランドマーク(ルート上の目印)情報として共有されます。「CarriRo AD」はその情報に沿って自律走行し、作業者との最適な合流地点で待機します。本機能を活用することによって、例えば、以下のような運用が可能になります。

ゾーンピッキング方式
  1. 1.
    各作業者は、作業者ごとに分割されたエリア内でピッキング作業に専念。
  2. 2.
    「CarriRo AD」は、「Visual Warehouse」からの指示を受け、最短ルートでエリアを自律走行し、指示された場所で待機。
  3. 3.
    作業者がピッキングし終えた商品を「CarriRo AD」に積載した後に、「CarriRo AD」は次のエリアに自動走行し、最終的にピッキング作業を完了。

20190613_01.jpg

これを繰り返すことで、作業者の歩行距離を最小限にし、ピッキングに要する人手を削減します。また、作業者は特定のエリアでピッキング作業に専念できるため、作業性の向上にも貢献します。「Visual Warehouse」は、多くのお客さまの現場で、一般的に20%の生産性向上を実現しますが、本連携により、それ以上の生産性向上が見込まれます。

「CarriRo AD」は、場所を選ばず柔軟なルート設置が可能、さらにカルガモモード(追従モード)も搭載しているため、「ゾーンピッキング」以外にも、エリア内で複数の「CarriRo AD」が作業者の追従・待機を駆使しピッキングを助けるなど、すでに業務フローやレイアウトが固まっている既設センターや工場でも円滑に活用できます。

「Visual Warehouse for CarriRo」の詳細の価格、販売開始時期は7月23日~26日に開催されるZMP Worldにて発表されます。また実機によるデモや運用方法についても同時開催のCarriRo EXPO内で紹介されます。
ZMP Worldは、事前登録制で参加費は無料、専用の予約フォームより申込受付いたします。

予約フォーム

参考資料

「Visual Warehouse for CarriRo」紹介動画