1. ホーム
  2. 業種別
  3. 自動車

製品の入出庫作業効率化

自動車部品の入出庫時の伝票発行・管理の課題

自動車製造のサプライチェーンにおいて、部品の入出庫時の伝票の発行・貼り付けは手間のかかる作業です。サプライヤーから納品する部品に貼り付けられる現品票は、メーカー指定の現品票の場合、通常A4サイズのPDF形式ファイルで支給されるため、印刷後にカットして貼り付けるのは人手がかかります。また、パソコンが使えない現場で製品を管理するための伝票を貼り付ける場合には、別の場所で印刷したラベルを持ち運ぶという非効率性が問題になります。

サトーが解決できること

製造現場の多様な課題に応える、伝票発行・管理ソリューションを提供します。

よくある課題と
解決のアプローチ

課題
現品票作成・貼り付けの作業負荷が高く非効率
サトーなら
現品票の手切り作業をゼロに

サプライヤーが納品する部品には、通常、現品票が貼付されます。納入先からA4サイズのPDF形式ファイルで支給される現品票の場合、A4サイズに複数枚印字されている伝票を手作業でカットし、品番別に仕分けして保管・管理するなど、人手がかかるプロセスが欠かせません。発行枚数が増えるほど手切り、仕分けの負荷が増し、管理上のヒューマンエラーリスクも高まります。サトーのPDF分割発行アプリケーションは、現品票を1枚ずつ自動裁断し、分割発行が可能。現品票の手切り作業を軽減します。

課題
パソコンが使えない現場で、伝票発行業務の効率が低下
サトーなら
パソコンを使わない運用により、狭いスペースや厳しい現場環境での発行を可能に

製造現場によっては、粉じんやミストオイル、鉄粉などが舞う厳しい環境や設置スペースの制約から、作業現場にパソコンを持ち込むことが難しい場合があります。パソコンを通じてプリンタで印刷しなければならない現品票などはその場で発行できず、別の場所で対応しなければなりません。製品の入出庫作業上、時間のロスや伝票移動の手間、貼り付けミス発生のリスクを生みだす可能性があります。サトーのAEP(Application Enabled Printing)により、プリンタ内部でスタンドアロン発行プログラムを実行することで、粉じんなどが舞う厳しい作業現場や設置スペースの制約がある場所でも、PCレスでラベル発行を可能にします。

課題
帳票やラベルの設計や修正があった場合、発行ソフトの修正が必要となり面倒。
サトーなら
Webブラウザ経由で各種ラベルが発行できる!

ラベル発行のWebアプリケーション開発ツール「MultiLABELIST Web Engine」をご紹介。

商品に関するお問い合わせ

0120-226310

お客さまヘルプデスク24時間365日