1. ホーム
  2. サトーについて
  3. ニュースルーム
  4. 2016年
  5. リリース

サトー、三菱UFJ信託銀行様にカラービットコードによるローン書類管理システムを導入

2016年08月25日
株式会社サトー

ufj_20160825_j.jpg

株式会社サトー(本社:東京都目黒区、以下、サトー)は、三菱UFJ信託銀行株式会社様(本社:東京都千代田区、以下、MUTB)に、色の配列でデータを表す自動認識コード「カラービット」を用いてローン書類を管理するシステムを導入しました。書類の背表紙にカラービットコードを付け、カメラで読むだけで大量の書類を一括で認識したり、探し出したい書類の場所を瞬時に特定できるシステムです。バーコードより高度な運用をRFIDより低コストで実現できることが特長です。

システムを導入したのは借入申込書や本人確認資料など数多くのローン書類を扱うMUTBのリテール融資業務部です。膨大な書類一点一点の所在を正確に効率的に管理することが導入の狙いでした。

ポイント

棚卸作業の時間が約13分の1に
月1回の棚卸は、台帳と書類の照合やデータ入力を手作業で行っていました。導入後はカメラで読むだけで書類の全数確認ができるので、213時間の作業が16時間に短縮。少人数化はリスク管理の側面でも評価いただきました。
探したい書類の位置をすぐに特定できる
探したい書類のコードを専用ソフトへ入力すると、ソフトの画面上で該当する書類のカラービットコードが赤く光り、膨大な書類の中から必要な書類を瞬時に探し出すことができます。
バーコードより高度な運用、RFIDより低コスト
書類の一点一点を読み取らなければならないバーコードに比べ、作業工数を大幅に削減できます。カラービットコードは汎用のカラープリンタで出力し、読み取りは民生品のカメラでできるため、RFIDよりも低いコストで導入・運用できます。

カラービットはビーコア㈱の登録商標です。

参考資料

colorbit_20160825.jpg

株式会社サトー 概要

所在地 東京都目黒区下目黒1丁目7番1号
資本金 40億円
代表者 代表取締役社長 小瀧 龍太郎
事業内容 プリンタ、ハンドラベラー等のハードウェア製品およびサプライ製品の販売、保守