1. ホーム
  2. 商品情報
  3. プリンタ

SCeaTa(シータ)CT4-LX

AEP (SATO Application Enabled Printing)

ラベルプリンタの運用領域を大きく拡げます

SATO Application Enabled Printing (AEP)とは、プリンタでスタンドアロン印刷アプリケーションを実行できる機能と、そのアプリケーション開発ツールです。目的に合わせて、さまざまなソリューションを開発できます。

  • 特長1

    大型液晶タッチパネル+AEPにより、これまでにないラベルソリューションを実現
    • PCレスでのラベル発行を実現
    • 機器構成をシンプルにし、導入・維持コストを軽減
    • 直感的な操作での運用を実現し、オペレーションミスを軽減
  • 特長2

    マルチデバイス連携が可能

    Bluetooth、USBで各種デバイス(バーコードリーダ、計量器、警告灯、Webカメラなど)との連携ができ、従来にはないラベル発行業務の構築が可能になります。

    活用例 : 入場チケット発行

    事前にWEB登録しQRコードを発行。バーコードリーダにかざして展示会やイベントの入場チケットを発券。

    バーコードリーダ 連携

    活用例 : 計量器連動発行

    計量器の数値をプリンタに送り、内部データベースの情報と照合。正しく計量されていたらラベルを発行。

    計量器 連携

    活用例 : 配送ラベル発行

    顧客が商品の宅配サービスを利用する際に、会員カードをバーコードリーダにかざすことで配送ラベルを自動的に発行。

    バーコードリーダ データベース 顧客情報を照合

    活用例 : 作業ガイダンス

    印刷したラベルを貼る位置などを画面で指示することで、 作業の負担を軽減。

    指定された位置へ貼り付け

信頼性について

商品導入事例

導入事例一覧

商品購入済みのお客さまへ

この商品のサポート情報をご案内します。

この商品の組み合わせ例

サトーの商品が選ばれている理由

購入前によくいただくご質問

プリンタに関するお問い合わせ

0120-226310

お客さまヘルプデスク24時間365日

この商品が解決できる課題・テーマ