1. ホーム
  2. RFID
  3. 教えてサトー先生

第2話 RFIDって一体何? バーコードとはどう違う? 教えて!

最近、何かと話題のRFID。どのような種類があって、どのような選び方のコツやポイントがあるのでしょうか? 若手社員のマナブくんが、ITソリューションに詳しいベテラン社員サトーさんから学びます。

プロフィール

サトーさん

テクノロジー好きで、ITソリューションに豊富な知識を持っているベテラン社員。社内に新しいIT機器を導入したときは、アドバイスをもらいにくる社員が多くいる。普段、社内のどこにいるかわからない神出鬼没なおじさん。

マナブくん

お調子者でムードメーカーな若手社員。フットワークが軽く、大抵のことはノリと気合いでなんとかできると思っている。機械オンチでよくサトーさんにアドバイスを聞きに行く。サトーさんとは正反対のようで、なぜか馬が合うらしい。

マナブくん

あ、いたいたサトーさん!ちょっと助けてくださいよ〜。

サトーさん

どうしたのマナブくん、そんな泣きっ面で。

マナブくん

サトーさん、RFIDがどんな技術なのか、このあいだボクに教えてくれたじゃないですか(※第1話参照)。

サトーさん

うん、わかりやすいレクチャーだったでしょ?

マナブくん

大いに勉強になりました。だけど、そのおかげで一つ困ったことが起きちゃって。

サトーさん

一体、何が起きたんだい?

マナブくん

実はあれから、サトーさんから教えてもらった内容を誰かに教えたくなっちゃって、部長に話したんですよ。そしたら「キミ、RFIDについて詳しいね。うちの会社にも導入できないか検討したいから、もっと教えてよ!」なんて言われちゃって。うまくごまかしてその場は逃げたんですが、次会ったら絶対また聞かれちゃいます。

サトーさん

付け焼き刃の知識でいい気になってるから…。自業自得だね。

マナブくん

大いに反省してます! 反省してますから今日も一つ、RFIDについてボクにレクチャーしてくれませんか?

サトーさん

しょうがないなあ。今なら時間があるからいいけどね。それで今日はどんなことを知りたいの?

マナブくん

そうだなあ。RFIDって一口に言ってもいろいろ種類がありそうだし…。どんな種類があって、どう選べばいいか…とか?

サトーさん

RFIDの種類と選び方だね。じゃあ、まず聞くけど、RFIDはどんなアイテムから構成されているか分かる?

マナブくん

それくらい分かりますよ! 「タグ」とそれを読み取る「リーダ」でしょ!

サトーさん

その通り。だけど、タグとリーダにもそれぞれ種類があるんだ。代表的なものを見ていこうか。まずはタグから。大きく以下の2つがある。

ラベルタグ

シール状になっていて、対象物に簡単に貼り付けることができるタグ。一般的には「ラベル」と言われることが多い。コストが比較的低く、プリンタで簡単に情報を書き込めるため、幅広い用途での使用が可能。一方、丈夫さや耐久性に欠ける面もある。また金属に貼り付けると読み取りができなくなるため、金属製品などの管理に用いるのは向かない。

特殊タグ

金属製品に貼り付けることができるものや、防水性や耐熱性、耐衝撃性のあるものなど、さまざまな種類がある。一方で、ラベルタグと比べてコストは高くなる。

マナブくん

なるほど。通常のラベルタグは手軽でいろいろな使い方ができそうだけど、耐久性は低い。一方で特殊タグは頑丈だけど、コストが高い。それぞれ特性があるんですね。

サトーさん

そうなんだ。続いて、リーダを紹介しよう。こちらも大きく分けて2種類ある。

ハンディ型

持ち運んで使うタイプのリーダ。基本的に「動かないモノ」に対して用いられる。棚卸などのバックヤード業務や資産・物品管理などのシーンで用いられることが多い。

据え置き型

ゲート型やデスクトップ型など、特定の場所に設置して使用するタイプのリーダ。入出庫管理や生産ライン管理、セキュリティ管理など「動くモノ」に対して用いられることが多い。レジカウンターなどに設置して一括精算を行うような使い方も。

マナブくん

そういえば、お店の出口によく設置してある万引き防止のゲート。あれもRFIDのリーダだったんだな。そうだ、タグやリーダを選ぶときのポイントも教えてくださいよ!

サトーさん

タグやリーダを選ぶときに念頭に置いておくべきことは、RFIDは使用するタグとリーダの組み合わせ、また導入環境やタグをつける対象物によって、パフォーマンスが大きく変わるということ。コストを抑えられるからといって、とりあえずラベル型のタグを導入しても、貼り付ける対象物が金属製品だったら機能しないよね

マナブくん

「とりあえず安いやつを!」と、いつも考えてしまうボクがやってしまいそうな失敗だ…。

サトーさん

そうならないためにも、RFIDをどのような環境で、どのようなモノに、どのような用途で使うのか、事前にしっかりと考えて最適なツールを選ぶことが大切なんだ。そのために、まず何をすべきだと思う?

マナブくん

そうだなあ。ボクだったらまず、RFIDを導入したい現場がどんなところか、自分の目でしっかり確かめると思います。

サトーさん

正解! まずは現場をしっかりと観察することだね。例えば、ペットボトル飲料にRFIDタグをつけて在庫管理をしたいとする。最初は1本ずつにタグを貼り付けようとしていたが、実際の現場ではダンボールに入れた状態でケース単位で管理されている。導入前に現場をしっかり見ておけば、ペットボトルではなく、ケースにタグを貼り付けるべきことが分かるというわけ。

マナブくん

なるほどなあ。前回教わった「まずは己を知ろう」という教訓と、通じるものがありますね。

サトーさん

その通り。マナブくん、今日はなかなか鋭いね。単純に価格やタグ・リーダ単品の性能だけじゃなく、タグとリーダの相性、そして導入環境との相性を見極める。すなわち己に見合う道具(=RFID)を知った上で、最適なものを選ぼうということだね。

マナブくん

「弘法、筆を選ばず」とよく言いますけど、RFIDの場合はしっかりと考えて、筆を選ぶことが大事というわけですね。

サトーさん

今日はなんだか冴えてる発言が多いね。マナブくんらしくないな。

マナブくん

いやだなあ、普段からボクは冴えてるじゃないですか! さっそく今聞いた話を部長に披露してこよっと。うまくいけば、次のボーナスアップ?

サトーさん

いつものマナブくんに戻ったね…。

今回のポイント

単純にツール単体の性能や、価格だけを見て選ぶのはNG! 導入環境や費用対効果をしっかり考慮した上で、最適な筆=RFIDを選ぼう。

関連商品

RFIDプリンタ

ICタグ・ラベルに高速、連続で情報を登録しながらタグ・ラベル表面に文字やバーコードを印字します。

RFIDプリンタ用サプライ

プリンタで発行するラベルやチケットなどに各種インレイを組み込んで、RFIDサプライ商品にしています。

RFIDについてもっと詳しく知る

RFIDに関するお問い合わせ

0120-226310

お客さまヘルプデスク24時間365日